関東地域におけるムギ類赤かび病の多発要因の解析と発生予察情報に基づく防除体系の確立

課題名 関東地域におけるムギ類赤かび病の多発要因の解析と発生予察情報に基づく防除体系の確立
研究機関名 埼玉県農林総合研究センター
研究分担 水田農研
/生産環境担当
研究期間 継H18~H24
年度 2008
摘要 赤かび病の関東地域での発生は年次間差が大きく、食の安全性、農産物検査の面から重大な問題である。大麦においては高濃度のかび毒検出事例がある。また、複数回の防除が指導されていても、適期に薬剤が散布されていない実態も見られる。そこで、関東地域での本病の発生要因を解析し、埼玉県の特産である麦茶用六条大麦品種でかび毒蓄積を抑制する防除適期を明らかにし、適切な農薬使用のもとで安全な農産物の確保を可能とする。
カテゴリ 病害虫 大麦 農薬 品種 防除 麦茶 薬剤

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる