A240 双子葉系原料の変換技術の統合・最適化

課題名 A240 双子葉系原料の変換技術の統合・最適化
課題番号 2010016381
研究機関名 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間 2009-2011
年度 2010
摘要 バレイショ及びカンショ原料については、細胞壁分解酵素カクテルの処理による粘度低下工程を、磨砕・糖化後のエタノール発酵と同時に行うようCARV法を改良し、1 kgスケールの発酵試験を実施した結果、バレイショで155 ml、カンショで260 mlのエタノールが生産され、前年度に比べて、高い発酵収率(90%以上)が得られた。テンサイ原料の場合、pH3.0-4.0で細胞壁分解酵素カクテル(PCV)の処理効果が最も高く、粘度が効果的に低下されることを明らかにした。1kgスケールの発酵試験を実施しところ、110 mlのエタノールが生産され、高い発酵収率(90%程度)を得た。
カテゴリ かんしょ てんさい ばれいしょ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる