高品質低コスト生産のための栽培技術確立 、1)道産小麦安定供給のための栽培技術開発 、 (3)道東主要産地における春まき小麦の栽培技術高度化 、 2)土壌凍結地帯における初冬まき栽培の越冬要因解明

課題名 高品質低コスト生産のための栽培技術確立 、1)道産小麦安定供給のための栽培技術開発 、 (3)道東主要産地における春まき小麦の栽培技術高度化 、 2)土壌凍結地帯における初冬まき栽培の越冬要因解明
研究機関名 地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
研究分担 地域技術グループ
研究期間 継 、H22~24
年度 2011
摘要  a 試験目的:土壌凍結地帯における初冬まき栽培の越冬要因を明らかにする。
、 b 試験方法:
、 (a)供試圃場:北見農試2圃場、美幌町、北見市常呂、佐呂間町2圃場、斜里町
、 (b)供試品種:「春よ恋」
、 (c)調査項目:土壌凍結深・期間、積雪量、地温、土塊分布、含水率、耐水期間、凍結下の生育状態。
、 c 成績の概要: 前年に比べ土壌凍結が浅い条件での試験であった。平坦より傾斜、ロータリ耕をより粗めの耕起、土塊が粗い、地温が高く、積雪が多い圃場で生存率が高い傾向であった。オホーツクの管内の初冬まきは、傾斜地で表面排水が良く、積雪が早く、最大積雪深が深く、土塊が細かくなりすぎないように耕起が可能な圃場といった限られた条件で有利性が得られる。
カテゴリ 傾斜地 小麦 栽培技術 低コスト 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる