作物マイコプラズマ病発生における地域特性の解明(126)

課題名 作物マイコプラズマ病発生における地域特性の解明(126)
課題番号 1994000139
研究機関名 農業研究センター(農研センタ)
研究分担 病害虫防除・マイコ防研(マイコ病班)
研究期間 継H02~H07
年度 1994
摘要 キマダラヒロヨコバイが媒介するマイコプラズマ様微生物(MLO)の異同を明らかにするため、各地から採集した8分離株の宿主範囲について検討した。14科28種の植物に接種したところ、トマト、ペチュニア、アズキ、シロクローバ、ニンジン、セルリー、ニホンカボチャ、キュウリ、ダイコン、ハクサイ、アスター、シュンギク、ゲンノショウコなど多くの植物が発病し、供試した8分離株間に宿主範囲の違いは認められなかった。発病した植物の病徴は萎縮、黄化、てんぐ巣症状などMLO病に特有のものであり、分離株間にも病徴の違いは認められなかった。
カテゴリ 病害虫 あずき アスター 害虫 かぼちゃ 管理技術 きゅうり しゅんぎく セルリー だいこん トマト にんじん はくさい ペチュニア

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる