バイオテクノロジーを利用した耐虫性イネの作出(106)

課題名 バイオテクノロジーを利用した耐虫性イネの作出(106)
課題番号 1998002450
研究機関名 東北農業試験場(東北農試)
研究分担 水田利用・水田病虫研
研究期間 継H09~H11
年度 1998
摘要 シカクマメ由来のトリプシンインヒビターの遺伝子を人工合成し、イネ(日本晴)に導入して、遺伝子組換え体を作出した。58個体中55個体においてトリプシンインヒビター遺伝子の存在をPCR法により確認した。また、この遺伝子の発現をウエスタンブロッティング法により確かめた。総タンパク質量10μg当たり1ng以上の発現量を示す組換え体において、ニカメイガ幼虫に対する成長抑制効果が存在した。
カテゴリ 病害虫 害虫 管理技術 機械化 雑草 水田 ニカメイガ

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる