粗飼料多給による経済性向上確認試験

課題名 粗飼料多給による経済性向上確認試験
課題番号 1999002409
研究機関名 北海道農業試験場(北海道農試)
研究分担 畜産・飼料評価研
研究期間 単H10~H10
年度 1999
摘要 ホクレン実験実習牧場で行った泌乳試験に供した粗飼料(トウモロコシサイレージおよびチモシー・アカクローバ混播牧草サイレージ)の飼料価値について査定するとともに、粗飼料源の差違が家畜の採食反芻行動に及ぼす影響を検討した。その結果、トウモロコシサイレージの繊維含量は、乾物消化率が同程度の牧草サイレージより低いが、繊維の消化率は低く、繊維摂取量当たりの咀嚼時間が長いことが明らかとなった。
カテゴリ 寒地 規模拡大 トウモロコシサイレージ 保存・貯蔵

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる