肥効調節型肥料による効率的施肥管理に関する研究

課題名 肥効調節型肥料による効率的施肥管理に関する研究
課題番号 84
研究機関名 東北農業試験場
研究分担 水田利用・水田土壌研
研究期間 単12
年度 2000
摘要 低コストで省力的な、しかも環境に配慮した施肥管理技術の確立に向け、2種類の新しい肥効調節型肥料について寒冷地での適応性を検討し、その施肥法を明らかにしようとした。低肥沃度ほ場でも高肥沃度ほ場でも速効性窒素肥料(硫安)に肥効調節型窒素肥料のMS60HあるいはMS80Hを組合わせた基肥一回施肥法により、慣行の分施体系より減肥条件で、慣行並みの収量水準を確保できた。なお、12年度は生育初期から一貫して高温条件であり、寒冷地の低温年における肥効の安定性については不明であり、この点が残された課題である。本研究は受託研究であり、委託元へ成果を受け渡した。
カテゴリ 肥料 管理技術 機械化 栽培技術 水田 施肥 低コスト 土壌環境

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる