畑作における新生産システムの定着条件の解明

課題名 畑作における新生産システムの定着条件の解明
課題番号 2001000306
研究機関名 独立行政法人農業技術研究機構
研究分担 農業技術研究機構 北海道農業研究センター 総合研究部 農村システム研究室
研究期間 新規2001~2001
年度 2001
摘要 i)従来のキャベツ収穫機は本州の小区画圃場を対象としたものであり、北海道ではキャベツ収穫機に連動して収穫物調製・運搬を可能にするトレーラ伴走による同時作業方式(総合研究で開発中の技術)が有効である。ii)高品質であるアルファルファを作付けする酪農家が収穫・サイレージ調製作業を外部に委託する場合、現在の農家水準のサイレージを前提にすると、委託料金の上限は2.9万円/hrとなる。この金額は現行の委託料金3.0万円/hrと同水準ため、委託の経済的メリットを得るためには、現在の農家水準以上のサイレージ品質(栄養価)が確保される必要がある。
カテゴリ アルファルファ 寒地 キャベツ 経営管理 収穫機 水田 乳牛

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる