平成22年度までの農業の担い手及び米等の主要作目の動向解析

課題名 平成22年度までの農業の担い手及び米等の主要作目の動向解析
課題番号 2001000341
研究機関名 独立行政法人農業技術研究機構
研究分担 農業技術研究機構 東北農業研究センター 総合研究部 動向解析研究室
研究期間 新規2001~2001
年度 2001
摘要 主要10産地品種銘柄米のイメージに関するアンケート調査結果を多変量解析し、ア)消費者は「買いたい」と「美味しい」というイメージをほぼ重複させて抱いている、イ)食べたことのある米に対しては「美味しさ」と「安さ」に対するイメージが向上しており、試食等の実施がイメージアップに有効である、ウ)精米10kg当たりの希望購入価格水準は、「値段も味もまあまあ」層(4,200円)と比較して、「値段が高くても味の良いもの」を買いたい層で4,900円、「高くても無(低)農薬」層で4,800円となり、このような階層には600~700円高くても受け入れられる、等を明らかにした。
カテゴリ 病害虫 あま 農薬 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる