非破壊品質評価情報の高度利用による高品質・均質化技術の確立

課題名 非破壊品質評価情報の高度利用による高品質・均質化技術の確立
課題番号 2001000347
研究機関名 独立行政法人農業技術研究機構
研究分担 農業技術研究機構 東北農業研究センター 総合研究部 総合研究第4チーム
研究期間 新規2001~2001
年度 2001
摘要 近赤外分光分析法による蜜入りの推定精度の向上を図るため、慣行の目視による評価法と画像解析を利用した面積率による評価法を比較・解析した。面積率を用いる方法は検量線作成時には精度がわずかながら向上したが、評価時に良好な結果を得るには至っていない。わい化栽培「みしまふじ」の農家圃場における樹相、生育、果実形質に関する基礎的データを収集解析し、葉色と着色度等いくつかの形質に相関を認めた。選果伝票として保管されていた選果結果をデータベース化し、これにより非破壊選果データの集計や加工の簡便迅速化を実現した。
カテゴリ 加工 センシング データベース 評価法 りんご わい化

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる