口蹄疫ウイルス感染動物の病態解明と抗体迅速検出法の開発

課題名 口蹄疫ウイルス感染動物の病態解明と抗体迅速検出法の開発
課題番号 2002002662
研究機関名 農業技術研究機構
研究分担 農業技術研究機構 動物衛生研究所 海外病研究部 上席研究官
農業技術研究機構 動物衛生研究所 海外病研究部 予防研究室
農業技術研究機構 動物衛生研究所 海外病研究部 診断研究室
協力分担関係 英国動衛研パーブライト研究所
研究期間 新規2002~2002
年度 2002
摘要 i)口蹄疫不活化マーカーワクチン開発のモデルとして、弱毒豚水疱病ウイルスカセットベクターを用いて口蹄疫ウイルスVP1遺伝子キメラウイルスを作出、感染免疫試験によりその安全性と有効性を確認した。ii)口蹄疫ウイルス日本分離株の各種動物における感染実験を実施し、それぞれの臨床反応の特徴を明らかにした。iii)口蹄疫ウイルス抗体検出競合ELISAの開発に必要な中和活性陽性のモノクローナル抗体を作出し、13クローンのうち3個の抗体が中和活性を示すことを明らかにした。
カテゴリ 病害虫 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる