環境ストレス耐性機能を強化した組換え個体の開発

課題名 環境ストレス耐性機能を強化した組換え個体の開発
課題番号 2003004012
研究機関名 農業生物資源研究所
研究分担 農業生物資源研究所 生理機能研究グループ 形態発生研究チーム
研究期間 完了2001~2003
年度 2003
摘要 ペチュニアのジンクフィンガー遺伝子ZPT2-3は幼植物において乾燥処理によって発現誘導され、その発現応答は約1.6kbの上流配列によって調節されていた。ZPT2-3遺伝子をペチュニアで過剰発現させると、生長に影響することなく乾燥耐性が顕著に高まった。ZPT2-3ノックアウト変異体では形質変化は認められなかった。ZPT2-3タンパク質C末端近傍のEARモチーフが転写抑制ドメインとして機能することを示した。
カテゴリ 病害虫 乾燥 機能性 抵抗性 ペチュニア

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる