西宮 智美

所属機関名 茨城県農業総合センター 農業研究所
肩書き 首席研究員兼室長
氏名 西宮 智美
連絡先(電話番号) 029-239-7213
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 002904
URL http://www.jppa.or.jp/shuppan/images-txt/2009/2009_0903.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ktpps/2009/56/2009_56_89/_article/-char/ja/
http://ci.nii.ac.jp/els/110006893643.pdf?id=ART0008816839&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1469668833&cp=
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010721195
カテゴリ 病害虫 害虫 水稲 病害虫防除 薬剤 その他の野菜

研究情報

2020年度   イネ縞葉枯病防除の効率化及び早期発生予察のための調査(3)新規需要米等の晩生品種におけるヒメトビウンカ密度の調査およびイネ縞葉枯病の早期発生予察のための調査

2020年度   茨城県内に発生するイネいもち病菌(Pyricularia oryzae Cavara)のQoI剤およびMBI-D剤に対する感受性

2020年度   茨城県内に分布するダイズ紫斑病菌の薬剤感受性

2020年度   イネ縞葉枯病防除の効率化及び早期発生予察のための調査(1)ヒメトビウンカの薬剤感受性調査

2020年度   イネ縞葉枯病防除の効率化及び早期発生予察のための調査(2)新規薬剤等によるイネ縞葉枯病に対する防除効果の検証

2019年度   ベノミル耐性サツマイモつる割病菌のLAMP-FLP法による検出

2019年度   サツマイモつる割病発生農家圃場における多発生要因

2015年度   水稲新品種「ふくまる」の育成

2015年度   金属銀水和剤によるムギ類種子伝染性病害に対する種子消毒の効果(講演要旨)

2015年度   塩基性硫酸銅水和剤によるオオムギ種子の黒節病菌汚染粒率低減効果

2015年度   ヒメトビウンカ幼虫に対する各種散布剤の殺虫効果について

2014年度   水稲新品種「一番星」の育成

2013年度   植物ウイルス診断のためのウイルス二本鎖RNAの簡易精製法

2012年度   ピーマン植物体内におけるキク茎えそウイルスとトマト黄化えそウイルスの分布

2012年度   ピーマンにおけるキク茎えそウイルス(CSNV)のウイルス蓄積量の解析

2012年度   筑西市におけるトマト黄化葉巻の多発生要因

2009年度   地域ブランド米栽培圃場におけるクモヘリカメムシ防除要否判定の取り組み

2008年度   サツマイモにおけるタバココナジラミの発生と被害

2004年度   「昆虫工場」プラント内のホルマリンを使用しないウィルス不活化方法

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる