二条大麦「アサカゴールド」の奨励品種採用

タイトル 二条大麦「アサカゴールド」の奨励品種採用
担当機関 鳥取県農業試験場
研究期間 1954~1997
研究担当者 山下幸司
永田計次(現倉吉農業改良普及センター)
発行年度 1997
要約 「アサカゴールド」は大麦縞萎縮病に対して抵抗性であり、その他諸特性も「あまぎ二条」と同様に良好であるため、「あまぎ二条」に替わる二条大麦品種として鳥取県の奨励品種に採用する。
背景・ねらい  鳥取県の二条大麦奨励品種である「あまぎ二条」は醸造適性が優れ、多収であるが、大麦縞萎縮病に対して罹病性であり、病害の拡大が生産意欲減退・作付け面積減少の一因となった。そのため、大麦縞萎縮病に抵抗性であり、早生、多収、良質な品種の導入が望まれている。
成果の内容・特徴
  1. 「アサカゴールド」は「きぬゆたか」と比較して出穂期、成熟期が2~3日程度早く、「あまぎ二条」とほぼ同熟の早生種である(表1,2)。
  2. 稈長は「あまぎ二条」と同程度で「きぬゆたか」より1~3cm長く、穂長は「あまぎ二条」、「きぬゆたか」よりやや長い。穂数は「あまぎ二条」、「きぬゆたか」と同程度かやや少ない(表1,2)。
  3. 耐病性については、鳥取県に分布する大麦縞萎縮病ウィルスであるⅠ-1型に対して抵抗性である。
  4. 耐倒伏性については「きぬゆたか」に劣り、「あまぎ二条」と同程度かやや劣る(表1,2)。
  5. 千粒重は「あまぎ二条」、「きぬゆたか」と比較してやや大きく、粒にアントシアンの沈着が散見されるが、外観品質はやや優れている(表1,2)。
  6. 収量性は「あまぎ二条」、「きぬゆたか」とほぼ同程度の多収である(表1,2)。

成果の活用面・留意点
  1. 大麦縞萎縮病発生地域を含む県内平坦~中山間地帯での普及を図る。
  2. 降水量の多い時期が播種期に当たるため、ほ場の選定・排水対策は十分に行い、苗立ち確保に努める。
  3. 倒伏には強くないため、播種量、窒素施肥量の過多は避ける。

図表1 210472-1.gif
図表2 210472-2.gif
カテゴリ 萎縮病 大麦 施肥 中山間地域 抵抗性 播種 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる