堆肥舎の簡易な脱臭技術

タイトル 堆肥舎の簡易な脱臭技術
担当機関 鳥取県中小家畜試験場
研究期間 1997~1998
研究担当者 完田昌美
加川清三郎
多田道子
八木広幸
発行年度 1998
要約 堆肥化処理過程で発生する悪臭対策として農家自身が簡単に設置できる気液接触方法の脱臭装置を試作・検討した結果、処理風量40m3/分、活性汚泥処理水の散水でアンモニアと低級脂肪酸の除去に有効であった。
背景・ねらい  家畜ふんは有機質肥料として広く利用されている。しかし、この堆肥化処理過程で悪臭物質であるアンモニアガス等が大量に発生し大きな環境問題を引き起こしている。
 そこで農家自身が簡単に設置できる方法を模索しながら簡易な脱臭装置を試作し、運転条件や実際の脱臭効果について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 装置は密閉された堆肥舎内の臭気ガスをダクトファンで集め、廃棄飼料タンクの下部から送風し、上部から散水することにより、液体に悪臭物質を吸着させる気液接触方法とした。気体と液体を均一に効率よく接触させるために多孔盤を上部と下部に敷き、また接触面積を大きくするために内部に廃棄漁網を充填した(図1)。
  2. 設置費用は約30万円である。
  3. 最適処理風量は40m3/分、散水には活性汚泥処理水を使用すると脱臭能力が高かった(図2)。また、処理する悪臭のアンモニア濃度が低い(平均50ppm)とほぼ100%除去できるが、高い(平均200ppm)場合は55~80%程度の除去率であった。
  4. 連続運転をした結果、気温が20~30℃の場合は高いアンモニア除去能力が維持されたが、低い(15℃以下)場合と高い(30℃以上)場合は除去能力の低下がみられた(図3)。
  5. 低級脂肪酸は除去率がほぼ95%以上であったのに対し、硫黄化合物の除去率は低かった。
成果の活用面・留意点
  1. 本装置は約250m3の密閉された堆肥舎に連結する。
  2. 除去能力が低下した場合は処理水の交換が必要(使用後の処理水は活性汚泥浄化処理施設へ排水する)。
  3. 季節によりアンモニア除去能力にばらつきがでる可能性がある。
  4. アンモニアガス濃度が200ppm以上では処理能力が及ばない場合がある。
  5. アンモニア・低級脂肪酸の除去には有効であるが、硫黄化合物の除去能力は劣る。
図表1 210559-1.gif
図表2 210559-2.gif
図表3 210559-3.gif
カテゴリ 土づくり 肥料

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる