体細胞クローンブタ作出技術

タイトル 体細胞クローンブタ作出技術
担当機関 静岡県中小畜試
研究期間 1999~2001
研究担当者 河原崎達雄
赤松裕久
知久幹夫
堀内篤
発行年度 2002
要約 顕微注入法によりブタの体細胞核移植を行った。その結果、耳体細胞由来のデュロック1頭、金華豚4頭のクローンブタが誕生した。生時体重は一般豚と差がなく、3頭が生存し、順調に発育している。
キーワード ブタ、体細胞クローン、顕微注入法
背景・ねらい 体細胞クローンは非常に効率的な育種、遺伝資源の保存、遺伝子導入手段として有効であり、その活用は多大な経済的効果を生むものと考えられる。そこで、クローン豚作出方法について検討する。
成果の内容・特徴 1.
クローン胚の培養システムを検討するために、体外成熟卵子を電気刺激により活性化し、NCSU23、PZMおよびそれぞれの培養液にコンディションドメディウムを50%添加した培養液で培養した。活性化刺激6日後の胚盤胞への発生率はPZMが55.9%と最も高く、クローン胚の培養に有効と考えられた(表1)。
2.
排卵直後の体内成熟卵を除核し、育成豚の耳の細胞から採取した体細胞を顕微注入法(大西ら, 2000)により核移植した。核移植後は電気刺激により活性化させ、PZM培地で1~2日培養後仮母豚の卵管に移植した。741個の卵子に対して核移植操作を実施し、631個(85.2%)が生存し、568個(76.7%)が発生を開始した(表2)。
3.
発生を開始した核移植胚568個を、妊娠維持補助のための受精卵4~5個とともに、発情発現を核移植卵子と同日~2日遅く調整した仮母豚10頭に移植した。その結果、4頭の仮母豚からデュロック種1頭、金華豚4頭、合計5頭のクローン産子が誕生した(表2)。
4.
生時体重はデュロック種1.4kg、金華豚0.83±0.23kgであり、一般豚と差がなかった。5頭のクローン産子のうち2頭は圧死事故などにより死亡したが、3頭は順調に発育した。生時体重は一般豚と差がなく、発育は一般豚をやや上回る傾向が見られたが(図1)、これはほ乳頭数が少ないための影響と思われた。以上の結果から、顕微注入法により体細胞クローンブタが得られることが確認された。
成果の活用面・留意点 1.
体細胞クローン技術を利用して遺伝資源の保存が可能と思われる。
2.
体細胞核移植技術の成功率はまだ低い。また、ブタは妊娠初期に3~4個の胚がないと妊娠が継続できない。したがって、クローン胚と同時に受精卵を移植し妊娠を維持し、少数の生存クローン胚の発生を補助する必要がある。
3.
クローンブタについては発育などにおいて、一般ブタとの間に顕著な差は認められない。しかし、今後さらに、長期生存性、繁殖性、後世代の特性、食肉としての安全性などを調査し、遺伝資源保存手段としての有効性について検証することが必要である。
4.
ブタ体細胞核移植技術を野外で活用するには、その特性を十分に調査した上で、一般の理解を得ることが必要である。
図表1 217127-1.gif
図表2 217127-2.gif
図表3 217127-3.gif
カテゴリ 育種 遺伝資源 繁殖性改善

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる