施設ピーマンの養液土耕栽培における施肥法

タイトル 施設ピーマンの養液土耕栽培における施肥法
担当機関 高知農技セ
研究期間 2000~2002
研究担当者 行弘 恵
安岡由紀
松岡俊二
発行年度 2003
要約 点滴チューブを用いた施設ピーマン(促成)の養液土耕栽培で、窒素施用量を慣行栽培の70~76%に低減しても、慣行栽培とほぼ同等またはそれ以上の収量が得られ、施肥効率も向上する。また、単肥が利用可能なほ場では肥料費を40~50%削減できる。
キーワード ピーマン、施肥、養液土耕
背景・ねらい 本県の主要品目である施設ピーマン栽培では、多量の窒素が施用されており、溶脱による地下水の硝酸汚染等環境への悪影響が懸念されている。養液土耕栽培は、作物の生育に応じて必要な養水分を同時に供給していく方法であり、他の作物では生産の安定や施肥効率の向上、環境負荷の低減等に効果が認められている。
そこで施設ピーマン(促成)栽培において、養液土耕栽培による効率的な施肥管理技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 窒素施用量を45~50kg/10a(慣行栽培の約70~76%)とし、定植の翌日から毎日約0.2kg/10aの窒素を液肥で施用する。これにより、収量および施肥効率は慣行よりも向上する(表1、2)。
  2. 養液土耕区における栽培期間中の土壌ECは、10~2月に0.2~0.4mS/cm、3月以降には0.1~0.2mS/cmで推移し、慣行区の1/2~1/5の値となる(図1)。また、土壌中の無機窒素濃度は、乾土100gあたり10~2月に4~10mg、3月以降2~5mgと低く推移するが、慣行区と同等もしくはそれ以上の収量が得られる(図2、表1)。
  3. 液肥は水平型(15-15-15)の化成肥料を水に溶かして施用することを基本とするが、土壌中のリン酸や加里の含量に応じて硝安や硝酸加里を利用しても収量が低下す
    ることはなく、肥料費を40~50%削減できる(表2)。
  4. 灌水は、点滴チューブをうねに1本設置し、定植後1月まで1日当たり約1,000L/10a、2~3月に1,500~2,000L/10a、4月以降には約3,000L/10aを目安に行う。

成果の活用面・留意点
  1. 養液土耕栽培に当たっては、地力維持のために良質堆肥等の施用による土づくりを行う。
  2. 上述した1日当たり窒素施用量は礫質灰色低地土での目安であり、地力や透水性の良否等によって加減する。
  3. リン酸や加里が集積しているほ場では、基肥にリン酸や加里を施用せずに追肥のみの施用でも良い。

図表1 219609-1.jpg
図表2 219609-2.jpg
図表3 219609-3.jpg
図表4 219609-4.jpg
カテゴリ 土づくり 肥料 管理技術 栽培技術 施肥 ピーマン

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる