成牛体細胞の核移植によるクローン牛の生産

タイトル 成牛体細胞の核移植によるクローン牛の生産
担当機関 鹿児島県肉用牛改良研究所
研究期間 1998~2000
研究担当者 窪田 力
発行年度 1998
要約 成牛の皮膚由来の線維芽細胞をドナーとした核移植により得られた胚を移植することによりクローン牛が得られた。鹿児島県肉用牛改良研究所・新技術開発研究室
背景・ねらい 英国での体細胞クローン羊の報告は、優良家畜の大量生産の可能性を示唆した。そこで成牛体細胞(線維芽細胞)を用いたクローン牛の作出の可能性を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 成牛(雄)皮膚由来の線維芽細胞(培養細胞)をドナーとした核移植を行い、胚盤胞期胚を作出できる(表1)。
  2. 核移植により発生した胚盤胞期胚を借り腹牛に移植することにより、受胎例が得られる。また、妊娠が継続する例については体細胞由来クローン牛が得られる(表2、表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 体細胞を用いてクローン牛が得られたことから、核移植技術による優良家畜の生産が可能となる。
  2. 流産の発生がみられる。
  3. 本技術により生産された産子の正常性・相似性の調査が必要である。
図表1 220840-1.gif
図表2 220840-2.gif
図表3 220840-3.gif
カテゴリ 肉牛

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる