スモモ「ハニーローザ」の鮮度保持のための適正貯蔵温度

タイトル スモモ「ハニーローザ」の鮮度保持のための適正貯蔵温度
担当機関 熊本県農研セ
研究期間 2005~2008
研究担当者
発行年度 2007
要約 スモモ「ハニーローザ」を0℃で貯蔵すると、15日以上品質を損なうことなく貯蔵可能である。5℃の場合は10日間の保存が可能である。10℃や15℃での貯蔵は、常温貯蔵より日持ちが悪くなるおそれがある。
キーワード スモモ、ハニーローザ、貯蔵温度、鮮度保持
背景・ねらい スモモ「ハニーローザ」は、食味が優れるものの、果実が小さいことから今まで大きな産地が形成されていなかった。しかし、本県では地産地消向け商材、新規特産品として産地化を推進し、普及が始まっている。そこで、「ハニーローザ」の貯蔵に適する温度を明らかにすることにより、鮮度保持期間の延長を図る。
成果の内容・特徴
  1. 3~5分着色の適熟果を常温貯蔵すると果肉硬度は15日以上、収穫直後とほとんど変わらない。5℃貯蔵では徐々に低下していくものの、常温貯蔵より最低5日間は硬く推移する。10℃貯蔵や15℃貯蔵では常温貯蔵より早く軟化する(図1)。
  2. 発酵臭がしたり甘みや酸味が極端に低い食味不良果については、常温では10日目以降発生がみられる。0℃貯蔵では15日以上、5℃貯蔵では10日間は発生しない。10℃貯蔵と15℃貯蔵では10日目に発生がみられ、年によっては常温貯蔵より発生率が高くなることがある(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 湿度が低いと果実が乾燥して貯蔵性が悪くなるため、貯蔵中は湿度を高く保つ必要がある。よって、本試験では湿度99%の条件下で行った。
  2. 常温貯蔵の温度条件(2006年)は、平均27.6℃(最高33.3℃、最低24.3℃)であった。

図表1 223442-1.jpg
図表2 223442-2.jpg
カテゴリ 乾燥 すもも 良食味

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる