リンゴモニリア病に対するヘキサコナゾール水和剤の治療的効果

タイトル リンゴモニリア病に対するヘキサコナゾール水和剤の治療的効果
担当機関 青森県りんご試験場
研究期間 1996~2000
研究担当者
発行年度 1996
要約 リンゴ黒星病防除剤であるヘキサコナゾール水和剤は、リンゴモニリア病に対して治療的効果(病斑拡大制御、分生胞子形成制御)を有し、開花直前に使用することで黒星病、モニリア病の同時防除が可能である。
背景・ねらい リンゴモニリア病は春期の重要病害であり、
開花直前には黒星病防除剤にチオファネートメチル水和剤を加用して防除してきた。
開花直前の黒星病防除剤であるエルゴステロール生合成阻害剤(EBI剤)
にチオファネートメチル水和剤と同程度のモニリア病防除効果があれば、
両剤を混用する必要はなく、農薬投下量も減少させることができる。
そこで、本病に対するEBI剤の効果を検討した。
成果の内容・特徴
  1. ヘキサコナゾール水和剤はモニリア病の葉腐れ病斑に対し、
    チオファネートメチル水和剤と同等の病斑拡大抑制効果、
    分生胞子形成抑制効果がある(表1、2)。
  2. ヘキサコナゾール水和剤を開花直前に散布することで、
    チオファネートメチル水和剤と同程度のモニリア病実腐れの発生低減が期待できる
    (表3、4)。
  3. 開花直前にヘキサコナゾール水和剤を使用した場合、
    チオファネートメチル水和剤を加用する必要がなく、防除経費を節減できる。
成果の活用面・留意点
  1. モニリア病の防除は、芽出し当時及び芽出し10日後の散布で
    葉腐れの発生を抑えることが基本であり、この時期の防除は必ず行う。
  2. 開花前にモニリア病葉腐れの多い園地及びその周辺では、
    開花直前にヘキサコナゾール水和剤を散布する。
  3. ヘキサコナゾール水和剤はモニリア病葉腐れの予防効果が劣るので、
    芽出し10日後まではモニリア病防除剤として使用しない。
図表1 230967-1.gif
図表2 230967-2.gif
カテゴリ 肥料 病害虫 黒星病 農薬 防除 りんご

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる