合成ピレスロイド剤に対する免疫抗体の作製

タイトル 合成ピレスロイド剤に対する免疫抗体の作製
担当機関 福島県蚕業試験場
研究期間 1990~1994
研究担当者
発行年度 1991
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 合成ピレスロイド系殺虫剤の一つであるフェンバレレートの加水分解物および
      フェンバレレートと共通構造を持つ4-phenoxybenzoic acidにBSAを結合させて
      ハプテン抗原を調製した。
    2. 各ハプテン抗原を家兎に免役して得た2種抗血清は、寒天ゲル内二重拡散法により
      BSAおよびハプテン-BSA結合体と反応し、さらにスパーを形成したことから、抗血清中に
      合成ピレスロイド剤に対する免疫抗体が含まれることを確認した
      (表1)。
    3. 2種の抗血清は、合成ピレスロイド剤のうち、免疫抗原と共通構造を持つ
      フェンバレレート、ペルメトリンと反応し、共通構造を持たないアレスリンとは
      反応しなかった(表1)。
  2. 技術・情報の適用効果
    2種抗血清が複数の合成ピレスロイド系殺虫剤と反応することから、本抗血清を用いた
    血清学的検出法の実施により、薬剤に汚染された桑葉あるいはそれを食下したカイコ
    から農薬を検出できる。これにより、農薬中毒を未然に防止しあるいは中毒の原因を
    的確に指摘できる。
  3. 適用の範囲
    県下全域
  4. 普及指導上の留意点

図表1 233698-1.gif
カテゴリ 病害虫 カイコ 農薬 薬剤

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる