27 水稲・大豆・小麦の収量・品質低下病害虫の多発要因の解明と防除技術の確立(2)大豆・小麦の収量・品質低下要因の解明と防止技術 (i) 大豆のしわ粒発生要因の解明と防止技術 ア しわ粒発生要因の解明

課題名 27 水稲・大豆・小麦の収量・品質低下病害虫の多発要因の解明と防除技術の確立(2)大豆・小麦の収量・品質低下要因の解明と防止技術 (i) 大豆のしわ粒発生要因の解明と防止技術 ア しわ粒発生要因の解明
研究機関名 青森県農林総合研究センター
研究分担 病害虫防除室
研究期間 継H17~19
年度 2005
摘要 は種期や栽植密度の違いはしわ粒の発生に影響がなかった。摘葉区は黒根腐病が多く影響は不明で、摘莢区では莢先熟となったがしわ粒の発生に影響がなかった。湛水区では立枯症状となるなど登熟不良で、未熟・縮緬じわが多発した。遮光区では縮緬じわが減少した。亀甲じわは、通風乾燥より自然乾燥で多かった。以上のことから、縮緬じわは湿害や黒根腐病など、根部の活力低下が主要因であると考えられた。
研究対象 大豆
専門 病害
部門 大豆
カテゴリ 害虫 乾燥 黒根腐病 小麦 湿害 しわ粒 水稲 大豆 防除

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる