8.作物の生理・生態特性の解明に基づく低コスト栽培技術の確立 (1)作物の生理・生態特性の解明に基づく栽培技術の確立

課題名 8.作物の生理・生態特性の解明に基づく低コスト栽培技術の確立 (1)作物の生理・生態特性の解明に基づく栽培技術の確立
研究機関名 神奈川県農業技術センター
研究分担 果樹花き研究部
野菜作物研究部
研究期間 継H12~21
年度 2005
摘要 目的:〔野菜・作物〕(1)本県の主要作物の生産安定と有利販売を図るため、これまで培われてきた栽培技術に加え、作物の生理・生態特性を生かして高品質・高付加価値のある新商材を生み出す生産技術を開発する。(2)機能性成分増加と品質向上のため、肥培管理、水管理などの栽培条件を検討する。(3)水田転作としての新規作物を導入する等、水田の高度利用技術を確立する。〔花き・観賞樹〕(1)鉢花、切り花については、温度調節や様々な生産資材を用い、商品性の高い草姿形成技術を確立し、寡日照、高温などの不良環境下における安定した開花調整法を確立する。(2)鑑賞樹の樹種、品種の特性を引出す育苗技術を開発し、付加価値の高い商品を育成する。試験研究構成:〔野菜・作物〕(1)高品質・高機能性野菜の栽培技術の確立、〔花き・観賞樹〕(1)草姿改善技術の開発(鉢物・花壇苗等)、(2)開花調節技術の開発(露地切花、花壇苗等)、(3)密閉挿し木の環境条件と発根困難要因の解明(トウネズミモチ、観賞樹一般)、(4)観賞性の高い緑化樹苗の生産及び維持技術の開発(マット植物等)、(5)花木苗の開花調整技術の開発(サルスベリ、スモークツリー、ハナモモ)、〔果樹〕(1)ナシ萎縮病回避と症状の進展防止
研究対象 共通
専門 栽培生理
部門 共通
カテゴリ 育苗 開花調整 機能性 機能性成分 高付加価値 栽培技術 栽培条件 挿し木 水田 低コスト ナシ萎縮病 肥培管理 品種 水管理 もも

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる