果樹の品種選抜と高品質省力栽培技術

課題名 果樹の品種選抜と高品質省力栽培技術
研究機関名 長野県南信農業試験場
研究分担 栽培部
研究期間 継S48~
年度 2005
摘要 ・(独)果樹研究所の日本ナシ育成系統の地域適応性を検討し、筑波50号が食味良好であった。
・(独)果樹研究所のカキ育成系統の地域適応性を検討し、 「安芸津19号」は品質良好だが、収穫後に果実軟化が発生、「安芸津20号」は、CTSDで完全脱渋された。「安芸津21号」は、CTSDで脱渋されない果実があった。
・日本ナシ「南水」の側枝基部の発育新梢を摘心し、短果枝花芽を着生させる適正な処理時期を検討した。側枝基部から発育枝が多発すると短果枝が維持が悪く、側枝はげ上がり利用年限が短くなった。
・「南水」の障害果(条溝果、くぼみ果、ゆず肌果類似症、日焼け果)の発生原因、発生防止方法を検討した。条溝果は早期(摘果時期)からみられ、くぼみ果及びゆず肌果類似症は7月上旬頃から観察された。前年乾燥処理区や子花で条溝発生が多い傾向があった。
・ゆず肌果類似症は、無袋果実で少なく、くぼみ果は無袋果実で多い傾向であった。また、果実が大きく、果心上部に亀裂・空洞が多い傾向であった。
研究対象 ナシ、カキ、モモ
専門 栽培生理、育種
部門 果樹
カテゴリ 育種 かき 乾燥 栽培技術 障害果 日本なし 日焼け果 品種 もも 良食味

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる