食品産業廃棄物のバイオマス変換のための有用微生物酵素とその応用技術開発

課題名 食品産業廃棄物のバイオマス変換のための有用微生物酵素とその応用技術開発
研究機関名 岐阜県生物工学研究所
研究分担 微生物機能
研究期間 完H16~18
年度 2006
摘要 目的:食品加工・醸造産業から大量に排出されるオカラについて、その低コスト処理法の開発が求められている。オカラは腐敗が早く、利用法が限られていることから、微生物等を用いた腐敗防止技術を開発するとともに、大豆由来の多くの有用成分が含まれていることから、有用微生物を用いた発酵処理等を行うことにより、有効活用を図ることで高付加価値化を図る。成果:(i)生石灰添加処理によるオカラの腐敗防止技術を開発した。 (ii)オカラの肥満予防効果を動物実験により実証した。今後の展開:オカラの機能性を活かした機能性食品を企業と共同で開発する。
カテゴリ 加工 機能性 高付加価値 機能性食品 大豆 低コスト

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる