ハマナスW2とデュロック系統豚を用いた交雑肉豚の飼養管理技術

課題名 ハマナスW2とデュロック系統豚を用いた交雑肉豚の飼養管理技術
研究機関名 地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
研究分担 中小家畜グループ
研究期間 新H22~24
年度 2010
摘要 目的:新しいデュロック系統豚ゼンノーD02とハマナスW2を用いた交雑雌豚とを組み合わせた交雑肉豚の産肉能力を明らかにするとともに、枝肉格付け成果を向上させる飼養管理技術を検討する。 成果:肥育開始30kg時の背脂肪が厚いほど110kgと畜時の背脂肪厚も厚くなる関係があり、30kg時12mm程度の背脂肪厚の場合、と畜時には厚脂傾向になることを示した。
カテゴリ 飼育技術 なす 肉牛

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる