肉用牛の飼養管理技術の確立 、茨城県における黒毛和種繁殖牛の周年放牧実証試験 、

課題名 肉用牛の飼養管理技術の確立 、茨城県における黒毛和種繁殖牛の周年放牧実証試験 、
研究機関名 茨城県畜産センター肉用牛研究所
研究分担 飼養技術
研究室
研究期間 新23~27
年度 2011
摘要  播種後から春先まで,ライムギが鎮圧や耕起の手間をかけなくても高い被度を示し,収量も多く追播に適している。
、 ひこばえの収量は場所による差が大きかった。成分的には稲とそん色なかった。
カテゴリ 飼育技術 肉牛 播種 繁殖性改善 ライ麦

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる