道産小麦の需要を拡大する品質向上・安定化技術の開発促進

課題名 道産小麦の需要を拡大する品質向上・安定化技術の開発促進
研究機関名 地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
研究分担 麦類グループ
研究期間 完 、H22~24
年度 2012
摘要 a 道産小麦需要拡大に対応した品質向上
、(a) 中華めん用小麦品種の開発促進 
、 1)初期世代の品質検定  
、 1) 試験目的:道産小麦の用途拡大のため、加工適性に優れる中華めん用秋まき硬質小麦品種の開発を促進する。  
、 2) 試験方法:初期世代からDNAマーカーや機器等による品質分析を行い、高品質系統を効率的に選抜する。  
、 3) 成績の概要:  DNAマーカー検定は、F1世代はGluD1-d等に分離が生じる組合わせに適用し、目的の遺伝子型を有する112個体を選抜した。系統選抜2年目以降系統では、圃場採取した葉身サンプルにより実施し、目的型のピュロインドリン変異やグルテニンサブユニット遺伝子を有する個体・系統を選抜した。また、圃場選抜系統についてブラベンダー製粉を行い、0%粉を品質分析に供試した。
、 2)中後期世代の品質検定
、 1)試験目的:道産小麦の用途拡大のため、中華めん用高品質秋まき硬質小麦の品種開発を促進する。
、 2)試験方法:農業特性の優れる中後期世代についてビューラー製粉を実施し、各種品質検定を実施した。一部系統の中華めん官能試験を実施した。
、 3)成績の概要:選抜された硬質系統の粉蛋白含有率は、「キタノカオリ」にやや劣るが平成21年産と比べると系統の分布は「キタノカオリ」に近くなっており、中華めんの官能試験の食感7分後の評点は、「キタノカオリ」よりも高いものが認められた中華めん官能試験において「キタノカオリ」より色が優り、食感の評点はほぼ「キタノカオリ」と同等である「北系1899」を「北見90号」として選抜した。
、 3)中華めん適性に関わる要因解析と適性評価方法の確立
、 1)試験目的:道産小麦の用途拡大のため、中華めん用高品質秋まき硬質小麦の品種開発を促進する。品質選抜をより効果的に行うため、中華めん適性に関わる要因について解析する。
、 2)試験方法:硬質母材として「Jagger」を1回親、反復親として「北見82号」を用いた準同質遺伝子系統について、解析材料の養成と試験製粉を行う小麦粉の特性調査は中央農試農産品質Gで実施する。
、 3)成績の概要:
、 平成23年播種で圃場に展開したBC4F6世代について、Pina、Glu-D1が「Jagger」型に固定していた系統のうち、Glu-B1、Glu-B3、Wx-B1の遺伝子型が異なる8系統を圃場養成し、生産物のビューラー製粉を行った。今後中央農試農産品質Gにおいて、60%粉の品質調査と、これら3遺伝子の効果を解析する予定である。
、(b) パン用小麦品種の開発促進
、 1)パン用春播小麦品種の開発促進 
、 1)試験目的:初期世代および中期世代の品質検定を行い、パン用高品質小麦を育成する。
、 2)試験方法:比較品種および系統選抜した初期世代802点についてブラベンダーテストミルで製粉し、製粉歩留、製粉効率、蛋白含量、粒度、グルテンインデックス、ミキソグラフおよび高分子グルテニンサブユニット構成を調査し、選抜した。
、中期世代は小規模生産力試験に供試した系統のうち、農業特性等で選抜した系統および比較品種76点をビューラーテストミルで製粉し、製粉歩留、ミリングスコア、水分、灰分、蛋白含量、粒度、グルテンインデックス、高分子グルテニンサブユニット構成、RVA最高粘度、生地特性(ファリノグラフ)および製パン性などを検定した。
、 3)成績の概要:系統選抜された初期世代および比較品種系統について品質検定を行い、271系統を選抜した。
、中期世代では「23S23」、「24S16」などの製パン性に優れる系統があった。これらの系統は製パン時の生地のベタつきが少なく、ファリノグラムのD.T.(生地形成時間)やS.T.(安定度)が「1CW」に比較的近い値を示したことから、生地物性が改良されていると考えられた。
、 (c) 日本めん用小麦品種の開発促進
、1) 試験目的:初期・中期世代の品質検定による育成系統の選抜強化と半数体育種法による育種年限短縮等により「ランク区分」に対応可能で、重要病害・障害抵抗性に優れる高品質日本めん用小麦の早期開発を行う。
、2) 試験方法:
、1) 初期世代(F3~F4世代)および中期世代(小規模生予1年目系統)
、 2012年産の初期世代と親・比較品種を含めて計1,060系統について、製粉性(ブラベンダーテストミルで原麦50gを製粉)、蛋白含量・粒度(Infratec 1241)、アミロース含量(オートアナライザー)および粉色(測色色差計)を調査した。
、また、中期世代と親・比較品種を含めて計90系統について、 製粉性(ブラベンダーテストミルで原麦100gを製粉)、蛋白含量・粒度、アミロース含量および粉色に加え、 RVAによる最高粘度を調査した。
、2) 中期世代(小規模生予2年目系統以降)
、2012年産の小規模生予供試2年目以降の30系統および比較品種について、製粉性(ビューラーテストミルで原麦1kg製粉)、灰分および蛋白含量、粒度、アミロース含量、粉色、RVAによる最高粘度および製めん性について調査した(北見農試)。Wx遺伝子の検定については、小規模生予供試2年目以降の基本系統など81群397系統に対して、Wx-B1遺伝子の有無をDNAマーカー(共優性マーカー)により検定した(中央農試)。
、3)「きたほなみ」、の高製粉性解析のために、H21~22年産「きたほなみ」、「きたほなみ」系譜材料、「きたほなみ」後代系統およびH23産訓交3634(13090/北系1764(きたほなみ))後代14系統、比較としてWW・ASWに対し、ブラベンダーによる製粉歩留・製粉効率、粉蛋白含量(Infratec1241使用)、A粉の細胞壁多糖含量(アラビノキシラン含量等)、測色色差計による粉色、SRC検定(AACCmethod溶媒50%Sucrose)を行った。
、3) 成績の概要:
、1)粉色a*値は主に系統選抜初年目(F3世代)から選抜を行った。粉色a*値は原粒蛋白と相関があることから、同圃場で栽植されている「きたほなみ」「ホクシン」と比較し、「きたほなみ」に近い値を示す系統を選抜した。継続的な選抜の結果、H23年産の小規模生予初年目系統(F5世代)は、「きたほなみ」に近い粉色を示す系統が多くなり、選抜の効果が認められた。しかし、病害・障害抵抗性親には粉色の劣る系統も多く、引き続き初期世代からの選抜が必要である。製粉歩留は、継続的な選抜と高製粉性母材の利用により、「きたほなみ」に近い系統が増加し、材料の底上げが図られている。
、2) 小規模生予供試2年目以降の基本系統に対し、Wx-B1遺伝子の有無を検定し、選抜に活用した。
、 初期世代から粉色等の選抜を行った材料のうち、「北系1887」が「きたほなみ」より病害・障害抵抗性に優れる良粉色・高製粉性系統であることが確認され、「北見89号」を付与した。
、3)高製粉性の「きたほなみ」は、過去に育成された品種系統に比べ、胚乳細胞壁中のアラビノキシラン含量が少なかった。また、アラビノキシラン含量は細胞壁全糖含量と高い相関があることを明らかにした。訓交3634(13090/北系1764(きたほなみ))後代では、製粉歩留と全糖含量に相関関係が認められた。全糖分析は手間がかかるため簡便法として50%スクロースによるSRC法を試みたが、明確な相関関係は得られなかった。
、 b 道産小麦安定供給のための品種開発促進
、 (a) 雨害耐性小麦品種の開発促進
、 1)赤かび病抵抗性小麦の開発促進(DNAマーカーを利用した赤かび病抵抗性系統の作出(春まき小麦))
、 1)試験目的:赤かび病抵抗性QTLを交配後代に導入するためにDNAマーカー検定を行い、農業特性の改良された赤かび病抵抗性系統を効率的に選抜する。
、 2)試験方法:育成系統の葉鞘をサンプリングし、中央農試生物工学Gにて検定を行った。
、 3)成績の概要:F1集団11組合せ723個体のDNAマーカー検定を行い358個体を選抜した。小規模生予系統においても抵抗性QTLを保有し、赤かび病抵抗性に優れる系統を選抜した。
、 2)赤かび病抵抗性小麦の開発促進(秋まき小麦)
、 1)試験目的:赤かび病抵抗性に優れ、DON汚染程度の少ない小麦品種の開発を促進する。
、 2)試験方法:圃場にスプリンクラーを設置し、1時間毎に6分間ミスト灌水した。感染源としてF.graminearumを培養したエン麦粒を6月1日に畦間にばらまいた。一部材料は穂への噴霧接種を実施した。噴霧接種区については接種3、4週間後に、エン麦散布区については50%程度の小花が開花した時期から4週間後に1材料あたり20または10穂の発病指数を0~8で調査し、平均値を求めた。
、 3)成績の概要:試験区の出穂は平年より5日程度早かったが、出穂期以降低温が続いたため開花までに日数を要し、発病程度は平年より少なかった。供試系統の抵抗性は開花時期ごとの指標品種の発病指数を参考にして、噴霧接種区は32日後、エン麦粒接種区は4週間後の発病指数から評価し、選抜に利用した。
、 本年の小規模生予供試2年目以降の系統は、前年の小規模生予供試初年目と比較して抵抗性程度の優れる系統の頻度が高く、抵抗性“やや強”以上の系統が50%を占めた。前年に引き続き、検定と選抜の効果が確認できた。
、 3)穂発芽耐性小麦の開発促進(春まき小麦)
、1)試験目的:初期世代から穂選抜・発芽試験を行うことで穂発芽耐性に優れる系統を選抜する。
、 2)試験方法:集団から穂を収穫後、15℃5~7日間または10℃24時間後に15℃5~7日の人工降雨処理を行った後、穂発芽程度(0:無~5:甚)を調査した。 3)成績の概要:穂選抜は30組合せ・約43,000穂実施し、穂発芽性“難”の比較品種「はるきらり」の穂発芽程度を基準として選抜した。
、本手法により選抜された小規模生予供試系統は、全て「春よ恋」より穂発芽性が優れており、選抜の効果が確認された。
、 4)穂発芽耐性小麦の開発促進(秋まき小麦)
、1)試験目的:中華めん用秋まき小麦では“やや難”以上、日本めん用秋まき小麦では穂発芽性“難”以上を選抜目標として、穂発芽耐性に優れた系統開発を促進する。
、2)試験方法:1組合せにつき807~2,000穂を成熟期後7日頃に収穫。収穫後、10~15℃で5~7日間朝夕人工降雨処理を実施。穂発芽程度(0:無~5:甚)を調査した。
、3)成績の概要:パン・中華めん用(硬質)の組合せF2~3世代9組合せ計11,996穂、「北系1838」「北系1872(北見86号)」など、穂発芽程度が「難」~「やや難」の系統を交配親に用いた日本めん用組合せF2世代2組合せ計3,752穂を穂収穫した。中華めん用では、穂発芽性“やや難”の「きたほなみ」の穂発芽程度を基準とし、穂発芽性“やや難”以上を目的とした選抜を行った。日本めん用では、穂発芽性“極難”の「北系1802」、“やや難”の「きたほなみ」の穂発芽程度を基準とし、穂発芽性“難”以上を目標とした選抜を行った。
カテゴリ 育種 加工適性 硬質小麦品種 小麦 需要拡大 DNAマーカー 抵抗性 播種 ばら 品種 品種開発 ラベンダー

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる