暖地畑における下層土までの肥沃度評価と水・有機性資源活用による土壌管理技術の開発

課題名 暖地畑における下層土までの肥沃度評価と水・有機性資源活用による土壌管理技術の開発
課題番号 2012020381
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
研究分担 草場敬
研究期間 2011-2015
年度 2012
摘要 下層土までの養分蓄積評価法の開発に関しては、a)牛ふん堆肥連用黒ボク土圃場を対象として、深度ごとに各元素の資材無施用区に対する賦存量変化を解析し、堆肥連用により亜鉛は表層・次表層に、銅は表層・次表層に加え一部下層まで、マンガンや鉄は表層に付加されることを明らかにした。b)下層土の養分動態に大きく影響する非アロフェン質黒ボク土表層が阿蘇・久住地域の約340 km2にわたり広く分布していることを明らかにした。非アロフェン質表層は土色とpH(H2O)より概ね判定でき、アロフェン質に比べて多くの中和石灰量を必要とした。
畑の湛水処理によって低投入養分管理を可能とする合理的水管理技術に関しては、a)湛水処理後の圃場に埋設した陰イオン交換樹脂に吸着したリン酸量を計測し、吸着リン酸量は土壌蓄積リンの量に応じて増加することを確認した。一方、非湛水処理圃場では吸着リン酸量は微量であった。これらの結果により、湛水処理後の畑土壌において蓄積リンが可溶化する直接的な証拠を提示した。b)モデル地域として選定した白川中流大菊土地改良区を対象に水利システムのデータベースを構築、解析し、夏期湛水圃場が多い区域や区域ごとの水路の流量変動の大小を明らかにした。
環境負荷低減と肥効率向上を目指した有機物施用技術の開発に関しては、a)堆肥ペレットのpHを調整した培養試験により、アルカリ・中性条件では、培養開始直後にペレット中に亜硝酸態窒素が蓄積し、一酸化二窒素の大きな発生ピークが生じた。一方、酸性条件では培養開始直後の一酸化二窒素発生が少なかった。b)豚ぷんと鶏ふんの堆肥化過程におけるアンモニア揮散は、高温性硝化細菌T3株を添加しても減少せず、硝酸生成量の有意な増大も認められなかった。c)ポット栽培試験と2年間の圃場試験により、ペレット状に成型した牛鶏ふん混合堆肥のリン酸肥効は未成型のバラ堆肥と同等以上であり、過燐酸石灰とほぼ同等であることを明らかにした。
カテゴリ 肥料 環境負荷低減 施用技術 データベース 土壌管理技術 ばら 評価法 水管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる