1.環境変動に対応した安定生産技術の開発 2)遺伝子診断によるキク、トマトなどの重要病害診断技術の開発 ①遺伝子診断によるキク、トマトなどの重要病害診断技術の開発 ①ー1)菌株の収集および培地による薬剤耐性の検定

課題名 1.環境変動に対応した安定生産技術の開発 2)遺伝子診断によるキク、トマトなどの重要病害診断技術の開発 ①遺伝子診断によるキク、トマトなどの重要病害診断技術の開発 ①ー1)菌株の収集および培地による薬剤耐性の検定
研究機関名 奈良県農業研究開発センター
研究分担 環境科
研究期間 継R1~R5
年度 2019
摘要 [目的]トマト葉かび病菌株のサンプリングおよび培地検定
[方法]県内発生ほ場から菌株を収集し、主要薬剤の培地検定を行う。
[結果]大和郡山市、天理市、田原本町の計10圃場から菌株の収集を行った。収集した47菌株について培地検定を行ったところ、アミスター・トップジンの耐性菌株率は100%、アフェット・カンタスの耐性菌株率は89%であり、主要薬剤の高頻度での感受性低下が確認された。
カテゴリ きく 診断技術 耐性菌 トマト 薬剤 薬剤耐性

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる