酒色が優れ、ワイン品質良好な赤ワイン用ブドウ新品種「クリスタルノワール」(系統番号:ブドウ山梨44号)

タイトル 酒色が優れ、ワイン品質良好な赤ワイン用ブドウ新品種「クリスタルノワール」(系統番号:ブドウ山梨44号)
担当機関 山梨果樹試
研究期間 1988~2006
研究担当者 齋藤寿広
三宅正則
小澤俊治
近藤真理
宇土幸伸
齊藤典義
別所英男
平林利郎
安藤隆夫
手塚誉裕
発行年度 2007
要約  「クリスタルノワール」は、ワイン品質の良好な「カベルネ・ソーヴィニヨン」と耐寒性を有する「ツヴァイゲルトレーベ」を交雑して育成した赤ワイン用ブドウの新品種である。中生で着色良好である。ワインは色が濃く、タンニンを多く含み、品質が優れる。
キーワード ブドウ、新品種、赤ワイン、タンニン、中生
背景・ねらい  現在、わが国で栽培されている主な赤ワイン用の醸造専用品種は、「メルロ」と「カベルネ・ソーヴィニヨン」であるが、わが国の気象条件下では着色不良や裂果といった問題が生じることが多い。そこで、栽培が容易でワイン品質が優れる品種育成をはかる。
成果の内容・特徴
  1. 山梨県果樹試験場において、1988年(昭和63年)に、ワイン品質が優れる「カベルネ・ソーヴィニヨン」に耐寒性を有する「ツヴァイゲルトレーベ」を交雑して得られた実生から選抜した。1998年に注目個体として選抜し、2000年から「ブドウ山梨44号」としてブドウ第10回系統適応性検定試験に供試した。平成18年度落葉果樹系統適応性・特性検定試験成績検討会において、新品種候補にふさわしいとの結論が得られた。
  2. 赤ワイン用品種である。樹勢は中程度で、花振るいが少なく、着粒はやや密である。果房重は224g、果粒重は2.0gで裂果は認められない。糖度は屈折計示度で18.8と既存品種よりもやや低く、酸度は0.75g/100mlで「メルロ」よりもやや高いが、「カベルネ・ソーヴィニヨン」より低い。熟期は9月下旬~10月上旬であり、「メルロ」と「カベルネ・ソーヴィニヨン」の中間である(表1、図1)。
  3. ワインは「メルロ」や「カベルネ・ソーヴィニヨン」と比較してタンニンが多い。また、酒色が濃く、フルーティで品質が優れている(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 寒冷地においても成熟可能であり、糖度が高く、酒色が濃い。一方西南暖地では、糖度が低く、やや酒色が薄い。
図表1 213226-1.jpg
図表2 213226-2.gif
図表3 213226-3.gif
カテゴリ くり 新品種 耐寒性 品種 ぶどう ワイン

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる