小部屋内のイエバエ成虫群に対する疫病菌Entomophthora

タイトル 小部屋内のイエバエ成虫群に対する疫病菌Entomophthora
担当機関 養鶏試験場
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1996
要約 約50立方メートルの小部屋内に健康なイエバエ成虫群を放ち、そこへ疫病菌Entomophthora muscaeに感染したイエバエ成虫またはその感染死体をいれたところ、 E.muscaeが健康成虫群に伝播し、成虫群の大部分が感染死亡した。
背景・ねらい 鶏舎で発生するハエを防除するにあたって、殺虫剤の散布が環境汚染やハエの薬剤耐性化を招くという問題が生じているため、天敵微生物を利用したハエの防除法を検討する。
成果の内容・特徴 昆虫疫病菌E.muscaeを利用して鶏舎に発生するハエを防除するためには、ハエ群にどのような方法で同菌を導入すればよいか検討する必要がある。そのための一段階として、間口4.4m、奥行き4.8m、高さ2.4mの小部屋(試験用ウインドウレス鶏舎内の一区画。ただし鶏は収容せず)にハエの餌と水を置き、健康なイエバエ成虫約400頭と、同菌に人工感染させたイエバエ成虫10頭または50頭を同時に放して経日的に観察したところ、人工感染ハエは7日後までに全頭死亡、健康ハエも11日後から33日後までにその90%以上が感染死亡した(図1)。
同じく健康成虫約500頭を放ち、あわせて室内の壁と天井に同菌の人工感染による成虫の新鮮死体を10頭または50頭貼り付けたところ、健康ハエも4日後から20日後までにその約90%が感染死亡した(図2)。
一方、対照区で感染死亡したものはなかった。
以上の結果から、鶏舎のイエバエ群に対する同菌の導入手段として、人工感染成虫の混合飼育、または新鮮な感染死体の貼り付けは有効であることが示唆された。
成果の活用面・留意点 鶏を収容し鶏糞がある状態での再現性、あるいは温湿度、通風など環境条件等の影響についてさらに検討する必要がある。
図表1 215131-1.gif
図表2 215131-2.gif
カテゴリ 病害虫 防除 薬剤耐性

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる