かきの施設栽培における作期前進のための温度管理法

タイトル かきの施設栽培における作期前進のための温度管理法
担当機関 静岡県柑橘試験場
研究期間 1992~1995
研究担当者 牧田孝幸
黒柳栄一
鎌田憲昭
中村友之
安間貞夫
発行年度 1996
要約 かき「前川次郎」の施設栽培において、被覆から開花までの最低気温を20℃に保つことが、作期前進に有効である。果実発育期においては、最低気温を高めることによる発育促進効果は小さいことから、15℃を越える加温の必要はない。
キーワード かき、前川次郎、施設栽培、被覆から開花、最低気温を20℃、作期前進
背景・ねらい かきの施設栽培では最低気温(夜温)の管理は、生産に対する反応と暖房コスト低減の両面から重要である。ここでは、作期を前進させるうえで気温に対する発育促進効果の高い時期を明らかにすると共に、好適気温水準について検討する。
成果の内容・特徴 かき「前川次郎」を対象として、平成7年には被覆(加温)から開花までの期間の最低気温を20・15・10℃の3水準に設定し、発育初期における気温と発育速度、成熟及び果実品質の関係を検討した。平成6年は被覆から開花までの最低気温を20℃で管理した個体を用いて、開花30日後の生理落果終了時から開花70日後までの40日間を25・20・15℃の3水準の最低気温で管理し、果実発育第Ⅰ期の温度感応性を検討した。
  1. 被覆から開花までの最低気温を20℃としたものは、被覆から発芽、発芽から開花までの所要日数が最も短くなり、発育の前進がみられた(表1)。その発育前進効果を収穫期でみると、15℃に比べ29日、10℃と比べ37日それぞれ収穫が早まった(表2)。
  2. 開花30日後の生理落果終了時から開花後70日までの果実発育第Ⅰ期の温度管理では、最低気温を25℃としたものが15および20℃としたものより着色が早まったが、収穫期の促進効果は4~6日程度と小さかった。暖房経費節減の面から、この時期の最低気温は15℃程度が適当と判断された(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. かき「前川次郎」の施設栽培における気温管理指針として利用できる。
  2. 生理落果期の高夜温は落果を助長するとされているので、最低気温は20℃以下で管理する必要がある。
図表1 215142-1.gif
図表2 215142-2.gif
図表3 215142-3.gif
カテゴリ 温度管理 かき 施設栽培 低コスト

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる