ナスの灌水同時施肥(養液土耕)による土壌及び作物体中硝酸濃度の適正管理技術

タイトル ナスの灌水同時施肥(養液土耕)による土壌及び作物体中硝酸濃度の適正管理技術
担当機関 埼玉県園芸試験場
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 半促成ナスにおける灌水同時施肥(養液土耕)栽培は、生産性の向上を図ることができるとともに、窒素施肥量を削減し、養分の利用率を向上させ、環境負荷を軽減する効率的な施肥管理が可能である。
背景・ねらい 施設栽培においては、土壌に集積した養分を効率的に利用すること、さらに養分の集積を起こさないような施肥管理を行うことが、生産性の向上とともに環境への負荷を軽減していくために必要である。そこで、埼玉県の施設栽培の主要な果菜類である半促成ナスを対象に、作物が必要とする養水分を根圏に供給する灌水同時施肥(養液土耕)により、施肥量の節減を図るための養水分管理技術を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 灌水同時施肥7割減肥では慣行に対する上物収量指数が83と低かったが、2割及び5割減肥では上物収量指数が101~108と慣行と同等またはそれ以上となり、減肥しても収量の増加が期待できる(表1)。
  2. 灌水同時施肥栽培により、土壌中の無機態窒素含量は低く経過するものの、1作目では窒素施肥量が慣行の2割減肥で葉柄汁液中の硝酸濃度は慣行よりやや高く、5割減肥で同等かやや低く経過し、土壌中の養分含量に比べ作物体中の栄養状態を高く保つことができる(表1、図1)。
  3. 灌水同時施肥栽培では作物の栄養状態が高く、収量の増加がみられるが、その原因として、慣行に比べ土壌水分の変化が少なく、土壌中の無機態窒素含量が低いことから根に対するストレスが少なく、細根量が増加することが考えられる(図3)。
  4. 慣行では窒素施肥量が窒素吸収量よりも大きく上回っていたが、灌水同時施肥栽培では、2割減肥で窒素吸収量が窒素施肥量と同等、5割及び7割減肥で窒素吸収量が施肥量を上回り、作付け前の残存窒素や地力由来の窒素を吸収し、土壌中の窒素の効率的な利用が可能である(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 土壌の残存窒素量に応じて施肥窒素量の削減量は変える必要がある。
  2. 栽培期間中の栄養診断を実施することにより、より効率的な肥培管理ができる。
図表1 215562-1.gif
図表2 215562-2.gif
図表3 215562-3.gif
図表4 215562-4.gif
カテゴリ 肥料 栄養診断 管理技術 施設栽培 施肥 なす 肥培管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる