モモの自発休眠完了のための低温要求量の品種間差

タイトル モモの自発休眠完了のための低温要求量の品種間差
担当機関 熊本県農業研究センター
研究期間 1997~1998
研究担当者 北村光康
益田信篤
大崎伸一
発行年度 1998
要約 モモの自発休眠完了のための摂氏7.2度以下の低温要求量は品種間差があり、「あかつき」では800時間、「日川白鳳」では900時間、「武井白鳳」、「長沢白鳳」では1,000時間、「白鳳」では1,200時間程度である。熊本県農業研究センター・果樹研究所・落葉果樹部
背景・ねらい モモは、他の落葉果樹と同様に自発休眠期があり、正常な発芽、開花をするためには秋冬季に一定の低温に遭遇し、自発休眠期を完了しなければならない。露地栽培では特に大きな問題ではないが、施設栽培では年により秋冬季の低温が不足し、発芽・開花の不揃いや開花遅延等の問題が生じている。また、多くの品種が施設で栽培され、品種間で低温要求量に差がみられる。そこで、施設栽培における加温開始時期の指標とするために摂氏7.2度以下の低温遭遇時間をもとに品種別の低温要求量を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. モモの自発休眠完了のための摂氏7.2度以下の低温要求量は、「あかつき」では800時間、「日川白鳳」では900時間、「武井白鳳」、と「長沢白鳳」では1,000時間、「白鳳」では1,200時間程度であり、品種間差が認められる(表1)。
  2. 「武井白鳳」等いずれの供試品種においても低温遭遇時間が長くなるほど加温開始から開花始期及び開花盛期までの日数は短くなる傾向がある(表2)。
  3. 花粉発芽率には、いずれの区もほぼ50%以上で低温遭遇時間との間に一定の傾向はみられない。品種別では、低温要求量が少ない「日川白鳳」と「あかつき」が発芽率が高い傾向である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 自然低温遭遇時間は年次、地域によって差があるので、毎年地域ごとに摂氏7.2度以下の低温遭遇時間の算出が必要である。
  2. 同一施設内で数品種を栽培する場合、低温要求量が最も多い品種を基準とする。
図表1 220868-1.gif
図表2 220868-2.gif
図表3 220868-3.gif
カテゴリ 施設栽培 品種 もも

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる