エチレンガス利用によるセイヨウナシ「ラ・フランス」の追熟法

タイトル エチレンガス利用によるセイヨウナシ「ラ・フランス」の追熟法
担当機関 山形県立園芸試験場
研究期間
研究担当者 奥山仁六
駒林和夫
高橋和博
発行年度 1992
要約 セイヨウナシ「ラ・フランス」の収穫後にエチレンガスを250ppmで24または48時間処理することにより、追熟促進効果が図られる。
背景・ねらい セイヨウナシの品種構成は、「ラ・フランス」に偏重しているため西洋ナシの出荷時期
の一極化がみられる。また、「ラ・フランス」は、追熟に予冷を必要とするため生産量
の増加とともに予冷施設の不足が予想される。
このため、エチレンガスを利用することにより、出荷時期の前進と予冷の代用を図る必要
がある。
成果の内容・特徴 エチレンガスを収穫後直ちに、250ppmで24または48時間処理し、無予冷で追熟させること
により以下の効果が期待できる。
  1. 追熟期間が10日前後短縮できる。
  2. 予冷の効果と同様に、追熟後の熟度の揃いが良くなる。
  3. 追熟完了後の果実の日持ち性は、予冷後追熟させた果実と同程度である。
図1肉硬度の推移
表1 追熟完了後の果実品質
表2 追熟完了後の果実官能調査
成果の活用面・留意点
  1. 今後は、更に試験規模を拡大し、実用化への検討を進める。
図表1 230308-1.gif
図表2 230308-2.gif
図表3 230308-3.gif
カテゴリ 出荷調整 西洋なし 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる