促成アスパラガスのための1年株養成法

タイトル 促成アスパラガスのための1年株養成法
担当機関 福島県農業試験場
研究期間 1994~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約 育苗にはセル容器を使用し、培養土にバーミキュライト、ピートモス、慣行床土を組み合せて混合した床土を用い、2月上旬にアスパラガスを播種する。これを60日育苗後4月上旬に機械定植して株養成し、株を掘り上げて伏せ込み10a当たり350kg程度の収量を得た。
背景・ねらい 移植機を利用したアスパラガス1年株促成栽培のための育苗法と作期を検討した。
従来アスパラガスの促成栽培はベッド又はポットで育苗を行い、根株の養成に
2~3年要していた。そこで、育苗、定植の省力化と株養成期間の短縮を図るため、
機械移植に適したセル成型苗育苗法及び1年で効率的に株養成する栽培方法と作型
開発を行った。
成果の内容・特徴
  1. 培地の素材を変えてセル成型苗の根鉢形成状況を調査した結果、慣行床土を50%以下
    とし、バーミキュライトを多くしない混合割合が適当である
    (表1)。
  2. 定植までの育苗日数が長いほど苗の生育及び根鉢の形成がよいが、機械移植用として
    セル育苗する場合は60日程度が適当と判断される
    (表2)。
  3. 定植時期について検討した結果、2月上旬に播種して60日育苗した苗を、4月上旬に
    定植して株養成したものが、伏せ込み根株の重量が重い
    (表3)。
  4. 11月下旬に株を掘り上げて温床に伏せ込むと、12月中旬から収穫が始まり、1月中旬
    までに、養成圃場10a当たり350kg程度のアスパラガス収量が得られる。
    (表4)
成果の活用面・留意点
  1. 晩霜の恐れのあるところは、地域の状況により定植時期を遅らせる必要がある。
図表1 230699-1.gif
図表2 230699-2.gif
図表3 230699-3.gif
図表4 230699-4.gif
カテゴリ アスパラガス 育苗 栽培技術 省力化 播種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる