k.野菜栽培における土壌微生物、天敵の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発

課題名 k.野菜栽培における土壌微生物、天敵の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発
課題番号 2008010608
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
研究分担 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜IPM研究チーム
協力分担関係 種苗管理センター
農業環境技術研究所
生物資源研究所
名古屋大学
岡山大学
東雲短期大学
長野県野菜花き試験場
群馬県農業技術センター
東京都農業総合研究センター
埼玉県農業総合研究センター
研究期間 2006-2010
年度 2008
摘要 1)バンカープラント法による防除技術の開発において、土着寄生蜂ギフアブラバチとバンカーを害虫アブラムシの定着前に導入すると、なす上のジャガイモヒゲナガアブラムシの増加を抑制できることを明らかにした。2)おとり植物利用による制御技術に関して、石灰資材施用により土壌pHが高く維持されている場合や殺虫剤の残効がある場合には、おとり植物を作付けしてもキャベツ根こぶ病の発病軽減効果は得られなかった。3)天敵の保護利用による制御技術の開発において、春季のトマト栽培施設に天敵寄生蜂オンシツツヤコバチを放飼すると、タバココナジラミの密度を抑制できることを明らかにした。4)物理的手法の利用による防除技術開発では、換気扇3台を並置し捕獲効率を改善した送風式捕虫機(試作5号機)で、コナガ成虫、ナモグリバエ成虫、キスジノミハムシ成虫を捕獲できた。5)物理的手法と生物機能を利用したトマト青枯病防除技術の開発に向け、ほ場試験において、透水性を改善し抵抗性台木を用いた場合に発病率が著しく低下し、土壌中の青枯病菌密度も透水性の改善により低く推移することを示した。6)トマト黄化葉巻病ウイルス(TYLCV)の媒介を抑制するための基盤技術開発に向けて、TYLCVを媒介しないオンシツコナジラミでは、ウイルスは中腸上皮細胞膜を通過できないため、虫体組織内への侵入や循環が遮断されることを明らかにした。7)レタス根腐病菌レースの簡易識別技術の開発では、発生地から収集した植物・土壌試料について、DNAマーカーによる判別結果と判別品種への接種検定の結果を比較したところ、判別結果はほぼ一致することを確認した。8)コナジラミ媒介ベゴモウイルスの検出技術では、精製したIgGおよび作製したアルカリフォスファターゼ標識抗体を用いて、TYLCV検出用のDAS-ELISA法とTAS-ELISA法を開発した。9)種子伝染性細菌病の種子汚染機構の解明において、メロン自然汚染種子では、果実汚斑細菌病菌は主に種皮表面に存在するが、種皮内部にも存在することを明らかにした。
カテゴリ 青枯れ病 害虫 キャベツ 台木 タバココナジラミ DNAマーカー 抵抗性 トマト なす ばれいしょ 病害虫防除 品種 防除 メロン 野菜栽培

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる