髙橋 章

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 髙橋 章
連絡先(電話番号) 029-838-7419
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001341
URL http://researchmap.jp/ata
カテゴリ 病害虫 水稲 病害虫防除

研究情報

2013年度   東アジアの森林におけるエアロゾルの乾性沈着

2012年度   イネ病害抵抗性におけるサリチル酸の関与

2012年度   イネMAMPs応答性MYB遺伝子は病害抵抗性反応を増強する

2012年度   OsCERK1を介したキチン信号伝達系におけるOsRLCK2の機能の解明

2012年度   イネにおける病害応答の発動はサリチル酸の蓄積に依存する

2012年度   イネMAMPs応答性MYB遺伝子は病害抵抗性反応を増強する

2012年度   Down-regulation of UDP-arabinopyranose mutase reduces the proportion of arabinofuranose present in rice cell walls.(UDPアラビノースムターゼの抑制によるイネ細胞壁のアラビノフラノース存在比の低下)

2011年度   Down-regulation of UDP-arabinopyranose mutase reduces the proportion of arabinofuranose present in rice cell walls.(UDPアラビノースムターゼの抑制によるイネ細胞壁のアラビノフラノース存在比の低下)

2011年度   OsPti1aにより制御される病害抵抗性シグナル経路の解明

2011年度   OsPti1aにより制御される病害抵抗性シグナル経路の解明

2011年度   イネPAMPs応答性MAPKカスケードからフェニルプロパノイド合成系に至るシグナル経路の解析

2011年度   イネPAMPs応答性MAPKカスケードからフェニルプロパノイド合成系に至るシグナル経路の解析

2011年度   全ゲノム塩基配列解析によるイネソマクローナルバリエーションの解析 トランスポゾン転移の検出

2011年度   イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析.IV.点変異の変異スペクトラム

2011年度   イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析. V.トランスポゾン転移の検出

2011年度   全ゲノム塩基配列解析による再分化イネのソマクローナル変異解析-トランスポゾン転移とコピー数多型の検出-

2011年度   イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析. VI. 挿入・欠失の検出

2010年度   イネの病害抵抗性を制御する転写因子OsWRKY53の活性化機構の解析

2010年度   イネの病害抵抗性に関与する転写因子OsWRKY53の翻訳後修飾機構の解明

2010年度   次世代シーケンサーを用いたイネミュータントパネル系統のソマクローナルバリエーションの点変異スペクトラム解析

2010年度   イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析.III. コピー数多型

2009年度   ブドウ樹の葉面積指数を魚眼レンズ付き携帯電話で評価する

2009年度   イネいもち病菌および白葉枯病菌感染時に応答するイネ遺伝子発現解析

2009年度   OsPti1aは細胞膜に局在することで耐病性を負に制御する

2009年度   イネのPti1a interacting kinase1 (Pik1)-Pti1aカスケードはROSシグナルを介して耐病を正に制御する

2009年度   イネエリシター応答性MAPKカスケードから防御応答反応に至るシグナル経路の解析

2009年度   イネソマクローナルバリエーションの全ゲノム塩基配列解析・新たな変異リソース

2009年度   次世代シーケンサーを用いたイネミュータントパネル系統のソマクローナルバリエーションの解析

2008年度   耐病性機構の負の制御因子OsPtilaを介したシグナル伝達機構の解析

2008年度   次世代シーケンサーを用いたイネ培養細胞ソマクローナルバリエーションの解析

2008年度   次世代シーケンサーを用いたミュータントパネル系統の解析

2008年度   Ptila interacting kinase1(Pik1)はROSシグナルを介して耐病性を正に制御する因子である

2008年度   イネミュータントパネルを利用した耐病性シグナル伝達に関わる遺伝子の大規模スクリーニング

2007年度   イネいもち病抵抗性劣勢突然変異体の効率的選抜のためのスクリーニングシステムの開発とその応用

2007年度   耐病性機構の負の制御因子OsPti1aを介したシグナル伝達機構の解析

2007年度   イネミュータントパネルを利用した耐病性シグナル伝達に関わる遺伝子の大規模スクリーニング

2007年度   ジャスモン酸シグナルのリプレサーとして機能するイネ転写調節因子RIM1の解析

2006年度   耐病性シグナル伝達の負の制御因子OsPtilaを介したシグナル伝達機構の解析

2006年度   OsPtilaを介した耐病性シグナル伝達制御機構の解析

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   イネ病害抵抗性におけるサリチル酸の合成・蓄積を制御する分子機構の解明

2011-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   OsPti1aを介した病害抵抗性の制御における細胞膜複合体の機能と役割の解明

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物の感染防御における新奇オートファジー制御機構の解明とその応用

2009-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   オートファジーを利用した耐病性イネ創出と、自然免疫能を強化する薬剤の開発

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる