宇賀 優作

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 宇賀 優作
連絡先(電話番号) 029-838-8260
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001427
URL http://researchmap.jp/yusaku_uga/
カテゴリ 水稲 品種

研究情報

2021年度   微小変化検出装置及び微小変化検出方法

2014年度   Deep rooting conferred by DEEPER ROOTING 1 enhances rice yield in paddy fields

2013年度   Control of root system architecture by DEEPER ROOTING 1 increases rice yield under drought conditions_x000D_

2013年度   イネの干ばつ耐性を高める深根性遺伝子の特定

2013年度   A major QTL controlling deep rooting on rice chromosome 4

2012年度   日本育種学会奨励賞

2012年度   深根性QTL Dro1がイネの乾物生産及び収量に及ぼす影響

2012年度   イネの深根性の根型育種と耐乾性

2012年度   根重力屈性遺伝子を活用した耐乾性イネ育種

2012年度   イネの新規重力応答遺伝子Dro1による耐乾性の改良

2011年度   生物の形を計る、遺伝子を探る、予測する

2011年度   イネの根系形態に関与する遺伝子の同定とその育種的利用

2011年度   イネの根の伸長方向に関わる形態評価と多様性

2011年度   コメ粒形のゲノムワイドアソシエーション解析とゲノム情報に基づく予測

2011年度   イネ第7染色体にファインマッピングした地表根QTLは根の伸長角度に関与する

2011年度   イネ深根性遺伝子Dro1は乾燥回避能力を高める

2010年度   深根性はイネの乾燥回避に役立つか?

2009年度   イネ表現型データベースの構築と利用ツールの作成 (2)代表的QTL・遺伝子の位置関係

2008年度   イネ表現型データベースの構築と利用ツールの作成 (1)QTL・遺伝子情報の収集と整理

2007年度   イネ第9染色体上に見出された深根性に関与するQTL

2007年度   イネ深根性関連遺伝子座 Dro1 のファインマッピング

2007年度   イネの中心柱サイズ関連遺伝子座Sta9の連鎖解析

2006年度   陸稲と水稲由来のF2集団で見出された根維管束の形態変異に関与するQTL

2006年度   イネインド型品種NonaBokraの旺盛な初期生育に関するQTL解析

2006年度   イネSNP/indel情報の蓄積とDNA多型・形質間連関解析システムの開発

2006年度   イネ遺伝資源を用いた連鎖不平衡マッピングシステムの開発

2006年度   マルコフ連鎖モンテカルロ法を応用した高精度アソシエーションマッピング法の開発

2004年度   イネ第4染色体上で見出された新規出穂期関連QTLのマッピング

2004年度   アジア栽培イネにおけるゲノムワイドな連鎖不平衡

2004年度   戻し交配後代を用いたイネ極晩生品種Nona Bokraの出穂期関連遺伝子座の検出

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   極長稈イネの耐倒伏性強化に向けた深根性および強稈性遺伝子の解析

2013-2017年   [独立行政法人科学技術振興機構 国際連携活動]   遺伝的改良と先端フィールド管理技術の活用によるラテンアメリカ型省資源稲作の開発と定着

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   石油希少時代のイネ栽培における地表根形成の有用性に関する研究

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる