髙原 学

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 髙原 学
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 栃木県
見える化ID 000942
URL https://researchmap.jp/mtakah/
https://www.researchgate.net/profile/Manabu_Takahara/
カテゴリ DNAマーカー 品種

研究情報

2011年度   Expression of CoQ10-producing ddsA transgene by efficient Agrobacterium-mediated transformation in Panicum meyerianum

2011年度   CoQ10を産生するパニカム野生種(Panicum meyerianum)形質転換体の作出

2008年度   ギニアグラスのアポミクシスに連鎖する新規STSマーカーの大量作出

2008年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子領域における高密度STSマーカーの開発

2008年度   γ線照射によるギニアグラスの突然変異誘導

2008年度   Panicum属植物における形質転換系の確立と有用遺伝子の導入

2007年度   Paincum属植物におけるアグロバクテリウム法による形質転換系の確立

2007年度   二倍体,四倍体ギニアグラス(Panicum maximum Jacq.)におけるゲノムサイズ推定とリボソーマル DNA の物理的マッピング

2007年度   ギニアグラス(Panicum maximum Jacq.)におけるゲノムサイズ推定と染色体イデオグラムの作成

2007年度   暖地型牧草ギニアグラスのアポミクシス品種におけるEST解析

2007年度   アポミクシス植物ギニアグラスの胚珠におけるEST解析

2007年度   放射線照射によるギニアグラスの突然変異誘発(4)γ線種子照射当代におけるギニアグラス「ナツカゼ」の生育特性

2006年度   シバと寒地型芝草を組み合わせた芝生グラウンドの低コスト造成技術

2006年度   シバと寒地型芝草を組み合わせた芝生グラウンドの低コスト造成技術

2006年度   AFLPマーカーによるギニアグラス放射線突然変異体の解析

2006年度   ギニアグラスのSTSマーカーを用いたアポミクシス遺伝子領域のゲノム断片の特定

2006年度   ギニアグラスのアポミクシス遺伝子座の特定とゲノム領域の構造解析

2006年度   暖地型牧草ギニアグラスを始めとするPanicum属植物における培養系の検討

2006年度   Panicum属植物における効率的な植物再分化系の開発と形質転換

2006年度   放射線照射によるギニアグラスの突然変異誘発 (3)ギニアグラス「ナツユタカ」のイオンビーム照射種子を用いた照射当代における生育特性及び種子稔性

2006年度   アポミクシスギニアグラスの胚珠における発現遺伝子のスクリーニング

2006年度   アポミクシス植物ギニアグラスの胚珠における遺伝子群の発現パターン

2004年度   ギニアグラスのSSRマーカーの開発と系統識別

2004年度   アポミクシス遺伝子の単離に向けたギニアグラスの連鎖解析

2002年度   原始紅藻における葉緑体DNAの複製と分配に関するDNA topoisomerase Iの役割

2002年度   細胞内共生のメカニズム、DynaminとFtsZが関わる原始紅藻のミトコンドリア分裂機構の解析

2002年度   助細胞が分泌する花粉管ガイダンス分子の特性

2002年度   染色体ファイバーから始める原始紅藻Cyanidioschyzon merolaeの染色体構造解析

2002年度   葉緑体の増殖とmultiple FtsZ ringの形成について

2002年度   あん粕の搾乳牛用飼料としての利用

2002年度   搾乳牛によるアン粕を用いたTMRの物理性の評価

2002年度   食品残さの飼料成分、第一胃内消化性および機能性成分含量

2002年度   マラリア原虫類の色素体における核様体構成タンパク質HU

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   重イオンビーム欠失変異マッピングによる組換え抑制領域からの有用遺伝子同定

2006-2008年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター イノベーション創出基礎的研究推進事業]   ヘテロシス固定による新育種法の開発に向けたアポミクシス機構の解明

2005-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ほふく茎による繁殖を制御する遺伝子の解明

2003-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   アポミクシス胚発生メカニズムの解明

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる