SSRマーカーを利用した小豆・菜豆の品種判別

タイトル SSRマーカーを利用した小豆・菜豆の品種判別
担当機関 遺伝資源部
研究期間 2003~2005
研究担当者 加賀秋人
紙谷元一
竹内 徹
田澤暁子
冨田謙一
発行年度 2006
要約 小豆のSSRマーカー5種で「きたのおとめ」、「しゅまり」と国内品種および海外遺伝資源、菜豆のSSRマーカー5種で「福勝」、「福良金時」と他の金時品種、また「絹てぼう」と他の手亡品種の判別が可能である。
キーワード 小豆、菜豆、品種判別、SSRマーカー
背景・ねらい  近年、低価格な農産物の輸入増加に伴い、評価の高い国内育成品種が海外に流出し、海外産として輸入される事例が認められる。農産物の適正な表示を担保し、登録品種の育成者権を保護するためには、迅速で精度の高い品種判別法を確立する必要がある。
 北海道立中央農試では、RAPD-STSマーカー3種による菜豆の手亡品種および小豆の品種判別法を開発した(2002)が、多種多様な遺伝子型をもつ輸入小豆を対象にした場合には3種のRAPD-STSマーカーのみでは識別性が十分でないため、多型性の高いマーカーによって信頼性を向上させる必要がある。一方、SSRマーカーはRAPD-STSマーカーに比較して多型性が高いとされる。農業生物資源研究所において小豆SSRマーカーの開発が進められ、菜豆のSSRマーカーはカナダで報告がある。多型性の高いSSRマーカーを利用して、小豆及び菜豆の品種判別法を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 小豆のSSRマーカー5種により、登録品種「きたのおとめ」、「しゅまり」と他の小豆品種との判別が可能である。RAPD-STSマーカーで区別できない品種間の判別も可能である(表1)。
  2. SSRマーカーによる判別では、海外(中国、韓国、台湾)の小豆遺伝資源239点に「きたのおとめ」、「しゅまり」と同じ遺伝子型を示す遺伝資源は認められない。
  3. 中国からの輸入小豆は雑多な遺伝子型の混合集団である(表1)。
  4. 菜豆のSSRマーカー5種により登録品種「福勝」、「福良金時」と他の金時品種、「絹てぼう」と他の手亡品種の判別が可能である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は輸入豆類等の品種判別に利用できるが、輸入小豆は品種が混合されているため、含まれる品種の判別には複数の粒を個別に調査する必要がある。
  2. 精度の高いPCR増幅DNA断片長の解析にはシークエンサー導入が望ましい。
  3. 本成果の一部をマニュアル化して、農林水産省生産局種苗課のホームページに公開している(http://www.hinsyu.maff.go.jp/)。
図表1 213758-1.gif
図表2 213758-2.gif
カテゴリ 遺伝資源 品種

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる