グリホサート系除草剤の秋冬期処理による桑園雑草防除

タイトル グリホサート系除草剤の秋冬期処理による桑園雑草防除
担当機関 埼玉県蚕業試験場
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 グリホサート系除草剤は、桑の完全落葉期から帯青直前までの期間では、桑に薬害を生ぜず安全に使用することができる。また、本剤の桑園での散布は、3月の雑草の発生初期が最も効果的である。
背景・ねらい グリホサート系除草剤は、非選択性で広範な雑草に高い効果があり、防除が困難な越年生・多年生雑草及びパラコート抵抗性バイオタイプの雑草に対しても高い効果を示す。しかし、桑に対する付着害が大きく、桑生育期での使用は困難である。
そこで、秋冬期のグリホサート剤の桑樹に対する影響及び雑草抑制効果について検討し、効率的な雑草防除技術の確立を図る。
成果の内容・特徴
  1. グリホサート系除草剤の秋冬期の桑園での散布は、落葉期、落葉初期及び帯青木では本剤特有の薬害症状が発現するが、桑の完全落葉期から帯青直前までの期間であれば、桑樹に薬害症状の発現が認められず、安全に行うことができる。(表1)
  2. 本剤のの越年生・多年生雑草に対する効果は、雑草の生育開始時期に最も高い。(表2)
  3. 薬剤散布時に雑草被度の低い桑園では、50倍液では散布精度の低下等により効果が不十分であるが、 100倍液では高い抑草効果が見られる。また、雑草被度の高い桑園では50倍液で高い抑草効果が見られる。(表2)
成果の活用面・留意点
  1. グリホサート系除草剤の散布は、桑園雑草が生育を開始した時点で行う。
  2. 桑園の雑草被度が低い場合は 100倍液を使用し、雑草被度の高い桑園では50倍液を使用する。
図表1 214952-1.gif
図表2 214952-2.gif
カテゴリ 病害虫 雑草 除草剤 抵抗性 防除 薬剤

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる