葉柄汁液の硝酸濃度を用いた夏作メロンの栄養診断基準

タイトル 葉柄汁液の硝酸濃度を用いた夏作メロンの栄養診断基準
担当機関 愛知県農業総合試験場
研究期間 1999~2003
研究担当者
発行年度 1999
要約 メロン葉柄汁液の硝酸濃度は、施肥窒素量に対応しており、診断に適する採取部 位は果実直下の葉の葉柄である。施肥のポイントは汁液硝酸濃度を果実肥大期には4,000 ~5,000ppmまで上昇させ、収穫期は1,000ppm程度にまで下げることである。
背景・ねらい メロンではその品質が最も重要視され、かん水及び適正な施肥に栽培管理の重点がおかれている。施設栽培のように土壌養分が過剰なところでは施肥に対する反応が異なるため、養分に対応した施肥が必要になる。そこで、品質・収量が最も優れる施肥管理に役立つ栄養診断基準を葉柄汁液中の硝酸濃度から検討する。
成果の内容・特徴
  1. 窒素レベルを変えてメロン(F1アールス夏系15号)を栽培した場合の果実重量は無機質土壌では株当たり7.0gが最も重く、5.0g、9.0gではやや減少する。一方、有機質土壌では株当たり3.0~7.0g施用の範囲ではほぼ同重量であるが、施肥量が9.0gと多くなるとやや減少し、糖度も低くなる(表1)。
  2. 葉柄採取部位による汁液中の硝酸濃度は、果実肥大初期に果実直下の葉柄が6,080ppmと最も高くなり、成熟期では2,800ppmと上下位葉に比較して低くなることから、この部位が栄養診断に適していると判断した(図1)。
  3. 生育期間中における葉柄汁液中の硝酸濃度は、施肥窒素レベルに対応した推移が認められる。無機質土壌での少肥区を除いて、中、多肥区とも活着後から硝酸濃度はしだいに上昇し、果実肥大期に最も高濃度になる。その後ネット形成、成熟期と進むに従って低下するが、施肥窒素が少ないほどその傾向が顕著である(図2)。以上の結果を考慮して診断基準は開花期で2,000~3,000ppm、果実肥大期には4,000~5,000ppmに上昇、以後ネット形成期から成熟期にかけては3,000から2,000ppmへしだいに低下、収穫期は1,000ppm前後に設定できる。
  4. 診断基準を指標にした施肥法では、生育コントロールが容易な液肥施用区が少肥で最も良い収量が得られたが、さらに最適な日毎の窒素施用量等の改善が可能である(表2)。
成果の活用面・留意点 果実直下の葉の代わりに、摘果枝を残しておき、その葉の葉柄を用いても診断できる。
図表1 216182-1.gif
図表2 216182-2.gif
図表3 216182-3.gif
図表4 216182-4.gif
カテゴリ 肥料 栄養診断 栽培技術 施設栽培 施肥 メロン

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる