低温着色に強く機械収穫向きの大粒だいず新品種「トヨハルカ(十育237号)」

タイトル 低温着色に強く機械収穫向きの大粒だいず新品種「トヨハルカ(十育237号)」
担当機関 北海道立十勝農業試験場
研究期間 1993~2004
研究担当者 白井滋久
湯本節三
松川 勲
田中義則
萩原誠司
黒崎英樹
角田征仁
山崎敬之
鈴木千賀
大西志全
発行年度 2004
要約 「トヨムスメ」並の熟期の白目大粒系統である。低温抵抗性が強いうえ、臍および臍周辺着色粒の発生がなく外観品質の低下が少ない。倒伏抵抗性が強く、主茎型で最下着莢節位高が高いので、コンバイン収穫適性が高い。煮豆、味噌、納豆に適する。
キーワード ダイズ、大粒、臍および臍周辺着色抵抗性、低温抵抗性、コンバイン収穫適性、煮豆、味噌
背景・ねらい 北海道の大豆栽培のうち、中生の白目大粒品種としては「トヨムスメ」が作付されている。「トヨムスメ」は、煮豆・惣菜、味噌原料として、また、本州産大豆と比べ物性面で劣るものの美味しさを活かした豆腐原料として利用され、実需者からも高い評価を得ている。しかし、低温抵抗性が不十分であるため収量が不安定であり、低温による臍および臍周辺着色粒が発生しやすい。また、分枝がやや多く、最下着莢位置が低いうえ、裂莢しやすいため、コンバイン収穫適性が十分でない。
このため、低温抵抗性が強く、低温による臍および臍周辺着色粒が発生せず、コンバイン収穫適性が高い品種が強く求められている。
成果の内容・特徴
  1. 「トヨハルカ」は、平成5年、十勝農試で「十系793号」を母、「十交6225F8」を父として人工交配を行い、それ以降、選抜・固定を進めて育成した系統であり、平成16年の世代はF13である。
  2. 臍および臍周辺着色抵抗性が強い白目大粒で、外観品質に優れる(表2、3)。
  3. 風よけのために圃場の周囲に寒冷紗を設置する(以上を処理区)。
  4. 低温抵抗性は、既存の白目品種で最も強い「トヨホマレ」と同じ"強"に分類されるが、同品種より強い(表2、図1)。
  5. 密植適性およびコンバイン収穫適性が高い(表2)。
  6. 煮豆、味噌および納豆に適する(表2)。
  7. 高温年の収量が「トヨムスメ」よりやや劣る。
成果の活用面・留意点
  1. 十勝中央部および道央地域の「トヨムスメ」、「トヨホマレ」の一部に置き換えて普及する。
  2. ダイズわい化病抵抗性は"中"なので、適切な防除に努める。
  3. ダイズシストセンチュウ・レース1発生圃場への作付けは避ける。
  4. 収量およびコンバイン収穫適性の向上のため、密植栽培を励行する。
平成16年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
「だいず新品種「トヨハルカ」」(普及奨励事項)
図表1 226529-1.jpg
図表2 226529-2.jpg
図表3 226529-3.jpg
図表4 226529-4.jpg
カテゴリ 病害虫 新品種 大豆 抵抗性 品種 防除 わい化

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる