チャのメチル化カテキン生合成酵素CsOMTのcDNA単離と特性

タイトル チャのメチル化カテキン生合成酵素CsOMTのcDNA単離と特性
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所
研究期間 2003~2007
研究担当者 山本(前田)万里
切田雅信(アサヒビール)
本間大樹(アサヒビール)
発行年度 2007
要約  「べにふうき」生葉から単離したcDNAから推定されるメチル化カテキン生合成酵素CsOMT(Camellia sinensis O-methyltransferase)は27.6KDaの分子量を持ち、EGCGに反応して3種のメチル化カテキンを生成する。
キーワード べにふうき、メチル化カテキン、O-メチルトランスフェラーゼ
背景・ねらい  「べにふうき」茶葉中のepigallocatechin-3-O-(3-O-methyl)-gallate (EGCG3”Me)等のメチル化カテキンは強い抗アレルギー作用を持ち、作用機作、代謝などが明らかになってきている。しかし、なぜ特定の品種だけがメチル化カテキンを多量に含有するのかなど解明されていない部分も多い。「べにふうき」生葉中のメチル化カテキン生合成酵素を明らかにすることで、メチル化カテキンの生合成経路の解明、メチル化カテキン高含有品種の特性解明やメチル化カテキンの合成制御技術の開発に結びつける。
成果の内容・特徴
  1. 「べにふうき」生葉からRACE-PCR 法で単離したcDNAから推定されるメチル化カテキン生合成酵素CsOMT(Camellia sinensis O-methyltransferase)のアミノ酸配列は、タバコ、パセリ、ブドウで報告されているカフェオイル-CoA-O-メチルトランスフェラーゼと89%以上の高い相同性を持つ(図1)。
  2. CsOMTのcDNAは245アミノ酸をコードする735塩基からなっている(図1)。
  3. CsOMTのcDNAを大腸菌に導入して発現させた酵素の分子量は27.6KDaである(図2)。
  4. 基質としてEGCG350mMを、メチル基供与体としてSAM(S-adenosylmethionine)800mMを用い、大腸菌発現粗酵素1mlと37℃で一晩反応させると、EGCGの約40%がEGCG3”,5”diMeに、約7%がEGCG3”Meに、約2%がEGCG4”Meに変換される。基質に対するSAMの割合を2倍及び5倍に変えると、EGCG3”Meの生成量はほとんど変化しないのに対し、EGCG3”,5”diMeの生成量は約2.5倍及び4.5倍に増加する(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 本酵素を用いてメチル化カテキンの生合成(バイオリアクターレベル)が可能となり、生葉中ではほとんど検出されないEGCG3”,5”diMeを生成させることができる。EGCGに対するSAMの割合を5倍以上にしてもEGCG3”,5”Me生成量は極端に増加しない。
図表1 233137-1.png
図表2 233137-2.jpg
図表3 233137-3.png
カテゴリ 品種 ぶどう

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる