竹澤 俊明

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 竹澤 俊明
連絡先(電話番号) 029-838-6026
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 001309
URL http://researchmap.jp/read0084979
http://www.nias.affrc.go.jp/org/DivAnimal/ImmuneCellBiology/page05_takezawa.html
http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2039017856.pdf
カテゴリ

研究情報

2021年度   細胞輸送装置、培養細胞の製造方法、及び細胞輸送方法

2014年度   β2-integrin involved in adhesion of THP-1 cells to collagen vitrigel membrane

2014年度   Development and Evaluation of Porcine Atelocollagen Vitrigel Membrane with a Spherical Curve and Transplantable Artificial Corneal Endothelial Grafts

2014年度   Fluid dwell impact induces peritoneal fibrosis in the peritoneal cavity reconstructed in vitro

2014年度   A new cell-free bandage-type artificial skin for cutaneous wounds

2014年度   Predictive performance of the Vitrigel-eye irritancy test method using total 118 chemicals

2014年度   Corneal models utilizing a collagen vitrigel membrane chamber and its application to drug permeability test (仮題)

2014年度   Development of a novel atelocollagen vitrigel membrane.

2014年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いたHepG2細胞の肝機能迅速賦活化培養法の確立

2014年度   Development of an oxygenation culture method for activating the liver-specific functions of HepG2 cells utilizing a collagen vitrigel membrane chamber.

2014年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いた細胞培養システム

2014年度   細胞の足場となる新素材「コラーゲンビトリゲル膜」の開発とその医薬学分野での実用化構想

2013年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いたADMET解析に有用な培養システム

2013年度   ビトリゲルの開発とその再生医療,創薬,動物実験代替法,化粧品および食品の分野での実用化構想

2013年度   コラーゲンビトリゲルの開発と再生医療への応用

2013年度   ビトリゲルの開発と再生医療分野での実用化構想

2012年度   コラーゲンビトリゲルスポンジを用いた気管粘膜の再生過程

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に構築したヒト角膜上皮・実質様プレート型培養モデルの特徴と薬剤透過性試験への応用

2012年度   コラーゲンビトリゲル(高密度コラーゲン線維の新素材)とは

2012年度   組織切片を利用した培養システムのがん研究への応用

2012年度   ビトリゲルチャンバーを培養担体とする皮膚感作性試験代替モデルを構成する細胞のサイトカイン産生能について

2012年度   化学物質を曝露した実験動物に由来する組織病理学用の切片担体上で培養した幹細胞の挙動を解析することで体内毒性を外挿する新しいアプローチ

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に再構築したヒト角膜上皮組織シート: 化学物質の眼刺激性評価指標としての経上皮電気抵抗値の重要性

2012年度   プラスチックフィルム付属型コラーゲンビトリゲル薄膜による新規創部被覆材の開発

2012年度   再生医療分野での実用化を指向したブタ由来アテロコラーゲンビトリゲル膜の開発

2012年度   実用化が期待されるコラーゲンビトリゲルの開発状況

2012年度   生理的な環境で利用できるゼラチンビトリゲル膜の開発

2012年度   再生医療への応用を指向したブタ由来アテロコラーゲンビトリゲル膜の作製基盤技術の開発

2012年度   コラーゲンビトリゲルを用いた再生医療技術の開発

2012年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を利用した新規創部被覆剤の開発

2012年度   新しい香粧品基材:マグロ原皮由来ゼラチンビトリゲル膜

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内にヒト血管内皮細胞を培養することで再構築した血管内皮モデルのバリア機能

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを利用した肝代謝モデルの開発現状

2012年度   プラスチック保護膜付属型コラーゲンビトリゲル薄膜による皮膚再生

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーおよび病理学用組織切片を細胞培養担体に用いた化学物質のADMET評価システム

2012年度   【学会トピックス】ヒト角膜上皮・無細胞実質様プレート型培養モデルを用いた新しい薬剤透過性試験

2012年度   組織再生に有用なコラーゲンビトリゲルの開発

2012年度   日本実験動物代替法学会論文賞

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを利用した血管内皮組織シートの構築とその血管透過性評価への応用構想

2012年度   Vitrigel-EIT法:経上皮電気抵抗値を指標とした高感度な眼刺激性試験法

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いた薬剤透過性試験に有用なヒト角膜上皮・無細胞性実質様プレート型培養モデル

2012年度   新しい肝代謝モデル:コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いたヒト肝がん細胞の「液相-気相」界面培養

2012年度   新規エラスチンペプチド含有コラーゲンビトリゲル膜の開発とその薬剤応答性の血管平滑筋モデル構築への応用

2012年度   角膜移植用新素材ブタ由来アテロコラーゲンビトリゲル膜と市販ビトリゲルとの比較検討

2012年度   コラーゲンビトリゲルの特徴とその実用化への先端研究

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを利用した眼刺激性試験法の開発現状

2012年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を利用した新規人工皮膚の開発

2012年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを利用した皮膚感作性試験法の開発現状

2012年度   コラーゲンビトリゲルの特徴とその開発現状~全体概要~

2012年度   組織切片基質での培養系における前立腺癌細胞の挙動について

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に再構築したヒト角膜上皮シートの特徴とその眼刺激性試験への応用

2011年度   コラーゲンビトリゲルの動物実験代替法への応用:コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に再構築したヒト角膜上皮シートの特徴とその眼刺激性試験への応用

2011年度   コラーゲンビトリゲルの動物実験代替法への応用:コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に再構築したヒト角膜上皮シートの特徴とその眼刺激性試験への応用

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に再構築したヒト角膜上皮組織シート:経上皮電気抵抗値を指標とした高感度な眼刺激性試験法

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に構築したヒト角膜上皮モデルの有用性:科学物質暴露後の経上皮電気抵抗値の経時変化を指標として眼刺激性を外挿する新しいアプローチ

2011年度   コラーゲンビトリゲル創薬への応用;コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを利用したADMET解析に有用な3次元培養モデルの構築構想

2011年度   コラーゲンビトリゲル薄膜チャンバーを利用した新しい培養技術とその眼刺激性試験への応用

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いたヒト肝がん細胞の3D培養モデルの構築と特徴

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜の再生医療への応用;アテロコラーゲンビトリゲル膜の作製とその特性解析

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜の再生医療への応用;アテロコラーゲンビトリゲル膜の作製とその特性解析

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバーを用いたヒト肝がん細胞の三次元培養モデルの構築とその特徴

2011年度   組織シートおよび器官様プレートの再構築に有用な新しいコラーゲンビトリゲル膜乾燥体の開発とその移植

2011年度   コラーゲンビトリゲル(高密度コラーゲン線維の新素材)の開発と、その再生医療、創薬および動物実験代替法の研究分野への応用状況

2011年度   Development of a human corneal epithelium model utilizing a collagen vitrigel membrane and the changes of its barrier function induced by exposing eye irritant chemicals

2011年度   Development of an Alternative Test for Skin Sensitization Using a Three-dimensional Human Skin Model Consisting of Dendritic Cells, Keratinocytes and Fibroblasts

2011年度   コラーゲンビトリゲル膜チャンバー内に再構築したヒト血管内皮組織シートのバリア機能

2011年度   ビトリゲルチャンバーを用いた皮膚感作性試験代替モデルの開発

2011年度   ビトリゲルチャンバーを用いた皮膚感作性試験代替モデルの基礎的検討

2011年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を用いた新規創部被覆素材の開発

2011年度   高密度コラーゲン線維の新素材:コラーゲンビトリゲルの乾燥膜と培養チャンバー

2011年度   新規農林水産省プロジェクト「アグリ・ヘルス実用化研究促進プロジェクト(ビトリゲル)」

2011年度   ビトリゲルチャンバーあるいは組織切片を用いて、ヒトに於ける化学物質のADMETを外挿する培養技術の開発状況

2010年度   新しいバイオマテリアル:取扱い性に優れたコラーゲンビトリゲル膜乾燥体

2010年度   コラーゲンビトリゲルチャンバー内に構築したヒト角膜上皮モデルの特徴とその眼刺激性試験への応用

2010年度   新しいコラーゲンビトリゲルチャンバーを利用したヒト角膜上皮組織シートの再構築と眼刺激性試験への応用

2010年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を利用したヒト角膜上皮モデルの開発とその眼刺激性化学物質の暴露によるバリア機能の変化

2010年度   プラスチック保護膜付属型コラーゲンビトリゲル薄膜による創傷治癒促進効果

2010年度   コラーゲンビトリゲルを用いた分化型培養皮膚シート移植による表皮再生

2010年度   分化型培養皮膚シート移植による表皮再生

2010年度   コラーゲンビトリゲルを用いた気管粘膜再生

2010年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を培養担体に用いた培養角膜モデルの開発状況とその特徴

2010年度   化学物質の動態解析への応用を指向した新しいコラーゲンビトリゲルチャンバーの開発

2010年度   新しいコラーゲンビトリゲルチャンバーを利用したヒト角膜上皮モデルの構築とその眼刺激性試験への応用

2010年度   シンポジウムの概要

2010年度   組織シートおよび器官様プレートの再構築に有用な新しいコラーゲンビトリゲル膜とその移植

2010年度   樹状細胞を含む3次元培養ヒト皮膚モデルを用いた皮膚感作性試験代替法

2009年度   生体イメージングをもちいたHGF含有コラーゲンビトリゲル薄膜による肝虚血/再灌流障害抑制効果の検討

2009年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を利用したヒト角膜上皮モデルの開発とその眼刺激性試験への応用

2009年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を利用したヒト角膜上皮モデルの開発とその化学物質の眼刺激性試験への応用

2009年度   bHLH型転写因子E2-2はVEGFR2の発現を阻害し血管新生を阻害する

2009年度   肝臓をはじめとした成熟臓器由来の間葉系細胞は、他の臓器の再生を促進しうるか

2009年度   心、肺、肝、腎、脾臓由来の間葉系細胞による表皮再生促進作用

2009年度   コラーゲンビトリゲル実用化に向けた今後の展望

2009年度   組織再生に有用なコラーゲンビトリゲルを用いた新しい医薬学研究:肝虚血・再灌流後の肝障害抑制への応用

2009年度   HGF含有コラーゲンビトリゲル薄膜による肝虚血/再灌流障害抑制効果の検討

2009年度   コラーゲンビトリゲル(高密度コラーゲン線維の新素材)の開発

2008年度   病理切片の新しい活用法:ES細胞を肝細胞様細胞へ分化誘導する再生肝組織の病理切片

2008年度   肝取り込み・胆汁排泄トランスポーターの機能変動が薬物の肝消失ならびに臓器内濃度に与える影響の解析~寄与率の重要性とその評価法~

2008年度   サンドイッチ培養肝細胞を用いたトランスポーター基質のin vivo胆汁排泄クリアランスの予測

2008年度   新しい細胞培養システムの開発とその創薬支援研究への応用

2008年度   新しい細胞培養システムの開発とその創薬支援研究への応用

2008年度   生体内細胞の微小環境の役割を培養細胞に付与する技術の開発:創薬および再生医療の基盤となる肝細胞培養システムの開発現状

2008年度   コラーゲンビトリゲル薄膜の特徴を活用した新しい細胞培養システムの開発

2008年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を用いた3次元培養ヒト皮膚モデルのin vitro皮膚感作性試験への応用(その2:in vivo法との相関性)

2008年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を用いた腎糸球体構成細胞の血清濾過評価モデル

2008年度   ラット部分肝切除後の再生肝に由来する切片担体を用いてヒト間充織幹細胞を肝細胞様細胞へ分化する培養技術

2008年度   再生肝由来の切片担体を利用して幹細胞を肝細胞様細胞へ分化誘導する培養技術

2008年度   病理用の凍結組織切片を培養担体に利用した培養システムの可能性

2007年度   ES細胞を短時間で効率良く肝細胞へ変身!

2007年度   サンドイッチ培養肝細胞を用いた薬物の胆汁排泄過程におけるトランスポーターの寄与の検討

2007年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を用いた3次元培養ヒト皮膚モデルのin vitro皮膚感作性試験への応用

2007年度   動物組織を薄切した切片を細胞の培養担体に利用した培養モデルの特徴と創薬研究の応用構想

2007年度   生体外の組織再構築および生体内の移植に有用なコラーゲンビトリゲル担体

2007年度   生体内環境モデルとなる培養担体の開発

2007年度   再生肝由来の切片担体を利用してES細胞を肝細胞様細胞へ分化誘導する培養技術とその創薬研究への応用構想

2007年度   再生肝組織由来の切片担体を利用したES細胞の肝細胞様細胞への分化誘導過程の解析

2007年度   Vitrigelを用いた気管再生

2007年度   再生肝組織由来の切片担体を活用してES細胞を肝細胞様細胞へ分化誘導する過程の特性解析

2007年度   創薬ツールとしての肝細胞を用いたin vitro実験系からの胆汁排泄の定量的予測

2007年度   繭糸フィブロインによる人工血管用基材の開発

2007年度   細胞転写技術を用いた表皮類似構造構築

2007年度   細胞転写技術を用いたビトリゲルシート上への細胞の2D、3Dパターニング

2007年度   角膜上皮細胞でのタイトジャンクション蛋白質発現に対する実質細胞の作用

2006年度   病理組織学用の凍結切片を利用した新しい培養技術とその医薬学研究への応用構想

2006年度   再生肝組織由来の切片担体を利用したES細胞の肝細胞様細胞への分化誘導技術

2006年度   再生肝組織由来の切片担体を利用してES細胞を肝細胞様細胞へ分化誘導する過程の特性解析

2006年度   再生肝組織由来の切片担体を利用したES細胞の肝細胞様細胞への効率的な分化誘導

2006年度   再生肝組織由来の切片担体を利用したES細胞のアルブミン分泌細胞への分化誘導

2006年度   ウシラクトフェリンを含有するコラーゲンビトリゲル薄膜を用いた骨組織再生の促進

2006年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を用いたラクトフェリンの徐放化と骨組織再生への応用

2006年度   コラーゲンビトリゲル薄膜を用いたラクトフェリン徐放化細胞培養担体

2006年度   細胞転写技術を用いた新規細胞パターニング技術の開発

2006年度   正常ヒト新生児包皮皮膚線維芽細胞を用いた骨様組織の再構築

2006年度   ビトリゲル薄膜担体上で培養した状態での細胞の凍結保存と蘇生

2006年度   各種間葉系細胞は特異的な微小環境を形成することで癌細胞の増殖・浸潤を調節する

2006年度   生体内細胞応答を外挿する培養モデルの開発

2006年度   多細胞生物の組織の常温乾燥保存方法

2006年度   シルクの成形加工と製品化

2006年度   In vivo を in vitro で -新しい培養技術TOSHI-

2006年度   生体を反映した三次元培養技術の開発とその医薬品開発あるいは再生医療への応用構想

2006年度   ラット各臓器由来の切片担体上で培養した2種類の細胞株の挙動比較とその数理モデル

2006年度   ラット臓器より作製した切片担体上で培養した2種類の細胞株の挙動比較

2006年度   組織再生の先端技術とその創薬研究への応用

2006年度   樹状細胞を含む三次元培養ヒト皮膚モデルの構築とその皮膚感作性試験への応用

2006年度   樹状細胞を含む3次元培養ヒト皮膚モデルの構築と皮膚感作性物質のin vitro評価法

2006年度   臓器内細胞応答を外挿する培養モデルの構築とその医薬品開発あるいは再生医療への応用

2006年度   生体内細胞応答を外挿する三次元培養モデルの開発

2005年度   細胞外マトリックス成分のゲル薄膜を用いた新規ラット初代肝細胞培養系の開発

2005年度   切片担体上でES細胞を肝細胞へ分化誘導する培養システムの開発

2005年度   細胞外マトリックスゲル薄膜を用いたラット初代肝細胞培養法の開発と応用

2005年度   磁力により移動および固定が可能な様々な形状のコラーゲンビトリゲル

2005年度   ヒト真皮由来線維芽細胞の培養系に平面絹とCa2+培養液を利用して骨様組織を再構築する新しい方法

2005年度   足場の膵島細胞・インスリノーマ培養への効果

2005年度   再生肝組織由来の切片担体を利用したES細胞の肝細胞様細胞への分化過程の解析

2005年度   農業生物材料を利用した細胞培養技術とその医薬品開発あるいは再生医療への応用構想

2005年度   ゲル薄膜培養担体を活用した培養モデルの構築とその有用性の検証

2005年度   生体を反映した三次元培養技術の開発とその応用構想

2005年度   創薬および再生医療を指向して開発している肝細胞培養技術の現状とその展望

2005年度   生体を反映した三次元培養技術の開発とその応用構想

2005年度   生体内の細胞応答を外挿する培養技術の開発

2005年度   繭糸1本による織物を素材とした人工皮膚用基材の開発

2005年度   カルシウム強化培養液と平面絹を用いた骨様組織の再構築

2005年度   再生肝組織より作製した切片担体上で培養したES細胞の特性解析

2005年度   ラット初代肝細胞の機能維持に優れたゲル薄膜サンドイッチ培養法

2005年度   繭糸1本による織物を素材とした人工皮膚用基材の開発

2005年度   骨肉腫細胞を用いた平面絹・ヒドロキシアパタイトハイブリッドの構築

2005年度   インスリン分泌細胞株の足場の検討

2005年度   ラット初代肝細胞の機能維持に優れた新しいゲル薄膜サンドイッチ培養法

2005年度   再生肝由来の切片担体上で培養したES細胞の成長と肝細胞への分化効率

2005年度   コラーゲンゲル薄膜を介したパラクライン作用によるPC-12細胞の分化誘導

2005年度   ラット各種臓器より作製した切片担体上でのラットインスリノーマ細胞株の培養

2005年度   骨芽細胞様細胞を用いた骨様組織の調製

2005年度   組織切片を足場に利用した、膵β細胞株の培養

2004年度   動物組織の切片を培養担体に活用した細胞挙動の制御新技術とその将来展望

2004年度   組織切片上での培養による、インスリノーマ細胞の機能向上

2004年度   再生肝由来の組織切片培養担体を利用したES細胞の肝細胞への分化誘導

2004年度   再生肝組織より作製した切片培養担体を活用してES細胞を肝細胞へ分化誘導する新しい培養法

2004年度   骨髄間質細胞、皮下前脂肪細胞、真皮線維芽細胞による細胞種特異的な皮膚再生

2004年度   ラット初代肝細胞の培養担体に細胞外マトリックス成分のゲル薄膜を活用した薬効評価系の創出

2004年度   コラーゲンゲル薄膜を用いた腎構成細胞の共培養

2004年度   I型コラーゲンゲルの物性と繭糸の形状を改善した新しい培養担体の開発と強度のある結合組織の再構築

2004年度   コラーゲンゲル薄膜:上皮間充織あるいは強度のある結合組織の再構築に適した三次元培養担体

2004年度   IV型コラーゲン薄膜を用いた腎細胞培養系の構築

2004年度   ES細胞を肝細胞へ分化誘導する組織切片培養担体とその分子生物学的特徴

2004年度   臓器再建用基材としてシルクを活用する培養新技術の開発状況について

2004年度   農業生物資源を利用した新しい細胞培養技術とその医薬品開発や再生医療への応用

2004年度   器官を再生する三次元培養技術の創出構想

2004年度   生体を反映した三次元培養技術の開発とその応用構想

2004年度   生体を反映した三次元培養技術の開発とその応用構想

2004年度   皮膚再生における骨髄間質細胞、皮下前脂肪細胞、真皮線維芽細胞による細胞種特異的な構造・機能分化誘導の解析

2004年度   動物組織の切片を培養担体に活用した細胞応答の誘導技術とその診断システムへの応用構想

2004年度   生体を反映した三次元培養基材の開発

2004年度   新しい三次元培養担体-コラーゲンゲル薄膜

2004年度   動物組織の切片を培養担体に活用した細胞挙動の制御新技術

2004年度   生体内の細胞応答を外挿する培養技術の開発-医薬品開発や再生医療に有用な培養システム-

2002年度   Converting technology of tissue architecture in vivo into the three-dimensional culture mode in vitro

2002年度   A novel cellomics study utilizing cell-substratum interactions

2002年度   Bovine and human lactoferrin promotes the collagen gel contractile activity of human fibroblasts

2002年度   Cell culture substratum made of a tissue section induces unique cell behaviors

2002年度   Co-cultures on mesenchymal cells and epithelial cells

2002年度   Concept for regenerating organs in vitro

2002年度   A novel cell culture substratum reflecting tissue conditions in vivo and its potential applications

2002年度   A novel culture substratum to regulate cell behavior and its application to the cellomics study

2002年度   ラクトフェリンのC末端ドメイン(C-lobe)によるWI38線維芽細胞のコラーゲンゲル収縮活性の促進

2002年度   組織切片を利用した新しい細胞培養技術

2002年度   細胞-基質間相互作用を利用したセロミクス研究の新しい概念

2002年度   コラーゲンゲル薄膜を用いた動物細胞の新しい三次元培養技術

2002年度   腎臓再生を目指した工学的基礎研究

2002年度   組織病理学用切片上で培養した細胞の形質発現を利用するセロミクス研究の概念

2002年度   ラクトフェリンのC末端ドメイン(C-Lobe)によるWI38線維芽細胞のコラーゲンゲル収縮活性の促進

2002年度   器官工学の新しいアプローチ

2002年度   生体組織のモデルを再構築する培養系の開発とそのセロミクス研究への応用

2002年度   組織/器官を再生する培養技術の創出構想

2002年度   ウシ胎児および成牛由来の肝細胞株の樹立

2001年度   生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体と、この担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法

2001年度   生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体と、この担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法

2001年度   生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体と、この担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法

2001年度   生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体と、この担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法

2001年度   生物の組織を薄切した切片からなる動物細胞の培養担体と、この担体を用いる動物細胞の培養方法および移植方法

2000年度   Matrix metalloproteinases in bovine ovarian follicles during estrous cycle and superovulation

2000年度   ニホンジカにおける血漿中エストラジオール濃度測定の試み

2000年度   ウシ妊娠子宮及び胎盤中のマトリックスメタロプロテナーゼ遺伝子の動態

2000年度   Concept for Organ Engineering: A Reconstruction Method of Rat Liver for in Vitro Culture

2000年度   ウシ胎盤におけるへパラナーゼ遺伝子の妊娠中の発現動態とその局在

2000年度   器官工学の概念:ラット肝臓のインビトロ培養系における再構築方法

2000年度   組織再構築に必要な細胞培養担体の役割を考える

2000年度   アスコルビン酸を用いたウシ子宮内膜間質細胞の三次元細胞塊の構築

2000年度   組織および器官工学の生殖技術への適用

2000年度   ウシ子宮内膜由来細胞を用いたヘテロスフェロイドの構築

2000年度   Tissue/Organ Engineering Towards The Reproductive Toxicology Studies -- Application Of Three-Dimensional Culture For OrganoidReconstruction

2000年度   Methodologies for Tissue and Organ Engineering

2000年度   体外におけるウシ子宮内膜機能解析モデル構築の試み

2000年度   受精卵の生体外着床モデルを指向したウシ子宮内膜の再構築

2000年度   動物の受精卵の共培養担体及びこの担体を用いる動物の受精卵の培養方法

2016-2018年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   食道癌の広範囲内視鏡的粘膜層剥離術を可能とする高密度コラーゲン治療デバイスの開発

2015-2017年   [独立行政法人科学技術振興機構 産学連携・技術移転事業]   コラーゲンビトリゲルの形状加工技術を活用した医療機器および創薬支援ツールの開発

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   子宮体癌幹細胞を標的にした新規治療法の開発

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   組織工学的手法を用いた気管再生における上皮形成メカニズムの解明

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   コラーゲン膜応用共培養システムによる角膜の構造及び機能維持機構の解明

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   組織工学的手法を用いた新たな人工気管の開発と気管再生における上皮化機序の解明

2008-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   生体材料(コラーゲンビトリゲル)をもちいた新しい治療材料の開発

2007-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   新規培養担体を用いた前立腺がん細胞と組織との相互作用の解析法の樹立と応用

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   生活関連化学物質の皮膚感作性等のインビトロ評価法に関する研究

2007-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ティッシュエンジニアリングによる気管再生誘導技術の開発

2006-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   Origami概念による臓器をつくるプロセスの確立

2004-2006年   [厚生労働省 厚生労働省研究事業]   創薬基盤としての公共的ヒト組織バンクを中心とした肝組織・細胞の研究利用システムの構築

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる