水稲湛水直播栽培における落水出芽法

タイトル 水稲湛水直播栽培における落水出芽法
担当機関 北海道立上川農業試験場
研究期間 1997~1997
研究担当者 古原 洋
前川利彦
谷川晃一
田中英彦
発行年度 1997
要約 落水出芽法では、乾籾重量比100%の過酸化石灰粉粒剤コーティング種子を、代かきした水田に播種深度10㎜程度に播種後、出芽始めまで10~15日間落水管理を行う。従来の5㎜以内の浅播き・播種後湛水栽培の問題点であった浮き苗と倒伏の防止に効果があり、北海道における湛水直播栽培の安定性が強化される。
背景・ねらい 播種後出芽始めまで落水する「落水出芽法」を導入し、慣行法である浅播
き・常時湛水直播では不安定であった出芽・苗立ち、耐倒伏性および収量性の
安定・強化を図る。
成果の内容・特徴
  1. 落水出芽法では、埋没深度を慣行法よりもやや深くするが、苗立ちは良好
    で、浮き苗が少なく、出穂後の倒伏もみられず、収量は慣行法(播種後湛水)
    に優る(表1)。
  2. 落水出芽法では、種子近傍の土壌が酸化的に保たれるため、出芽・苗立ち
    の安定性が高まる(図1)。
  3. 播種後落水期間中における地表下1㎝の地温を湛水条件と比較すると、日
    最低地温は落水区でやや低いが、日最高地温はむしろ落水区で高い場合が多
    い。
  4. 過酸化石灰粉粒剤16を乾籾重量比100%コーティングした種子の苗立ち率
    は、播種深度10㎜で最も高い(図2)。
  5. 条播および散播の各種湛水直播播種機を導入したところ、いずれの場合で
    も落水出芽法の実用性は高い(表2)。
  6. 落水出芽法では、慣行法に比べてノビエが多発する(図3)。
    入水直後の直播用一発処理剤と入水後14~20日のノビエ専用剤との体系処理が効果的である。
成果の活用面・留意点
  1. 水稲湛水直播栽培暫定基準(平成10年1月改訂)に基づいて実施する。
  2. 播種期は従来の播種後湛水栽培と同一で良いが、その地帯の低温の出現頻
    度を考慮して決定する。
図表1 211876-1.gif
図表2 211876-2.gif
図表3 211876-3.gif
図表4 211876-4.gif
図表5 211876-5.gif
カテゴリ 直播栽培 水田 水稲 播種 水管理

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる