g.稲病害虫抵抗性同質遺伝子系統群の選抜と有用QTL遺伝子集積のための選抜マーカーの開発

課題名 g.稲病害虫抵抗性同質遺伝子系統群の選抜と有用QTL遺伝子集積のための選抜マーカーの開発
課題番号 2010014889
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
研究分担 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,作物研,稲マーカー育種研究チーム
協力分担関係 宮崎県総合農業試験場
国際農林水産業研究センター
社団法人農林水産先端技術産業振興センター
全国農業協同組合連合会
農業生物資源研究所
愛知県農業総合試験場
茨城県農業総合センター
富山県農業技術センター
高知県農業技術センター
研究期間 2006-2010
年度 2010
摘要 いもち病、紋枯病、ごま葉枯病、縞葉枯病、トビイロウンカ、ツマグロヨコバイ等の病害虫抵抗性同質遺伝子系統群の育成については、1)いもち病抵抗性遺伝子Pi9を導入した「コシヒカリ」の同質遺伝子系統「関東IL9号」とPita-2を導入した「ヒノヒカリ」の同質遺伝子系統「関東IL6号」を新品種候補として育成した。また、陸稲由来の縞葉枯病抵抗性遺伝子Stva、Stvbといもち病抵抗性遺伝子Pi34を導入した「コシヒカリ」同質遺伝子系統として、粒形を改良した「中国IL3号」を選抜した。2)トビイロウンカ抵抗性遺伝子bph11 、縞葉枯病抵抗性遺伝子Stvb-i、穂いもち圃場抵抗性遺伝子Pb1"を集積した複合抵抗性系統「西海267号」を新品種候補として育成した。この系統の高温遮光耐性は「ヒノヒカリ」より明らかに強く、「にこまる」に近い。  耐病虫性の高温耐性系統として、bph11+Qbp4off、Qbp12、Qbp4off、Qbp4off+Qbp12のトビイロウンカ抵抗性遺伝子やツマグロヨコバイ抵抗性を「にこまる」等に導入した同質遺伝子系統を育成した。水稲の出穂性や、食味官能値、炊飯光沢、たんぱく質含量、アミロース含量等食味関連形質の選抜用マーカーの開発については、1)野生稲の染色体断片を日本品種に導入した系統群として、O.rufipogonの染色体断片を「いただき」に導入した系統群の育成を完了した。また、O.meridionalis、O.rufipogon、O.barthii、O.nivaraを「いただき」、「コシヒカリ」に導入した系統群の農業形質を調査した。2)多収糯品種「もちだわら」の粳化、難脱粒化をめざし、連続戻し交配を進め、遺伝的背景をほぼ「もちだわら」に置換した個体を選抜した。閉花性については、「閉花性系統 (cls)//Nona Bokra(極晩性)/たちすがた」に「たちすがた」を戻し交雑した集団から極晩性で閉花性の系統を選抜した。3)「コシヒカリ」の良食味について、第3染色体短腕の目的遺伝子の候補領域を3.3Mbに絞り込んだ。また、「空育162号」の第2染色体のアミロース含有率QTLの候補領域を329.9kbに絞り込み、このQTLの導入によって食味が向上することから、QTLの効果を確認した。  高温耐性として、「タカナリ」の第3染色体の高品質QTLを「コシヒカリ」に導入することで、高温下での背白粒と基白粒の発生が低下し、高温耐性が向上することを確認した。「茉莉占」の第2染色体の高品質QTLについて、背白粒と基白粒の発生を抑制するQTLをRM6290近傍に見出した。
カテゴリ いもち病 害虫 高温耐性 ごま 縞葉枯病 新品種 抵抗性 抵抗性遺伝子 品種 良食味

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる