気候区分に対応した安定多収・良品質大豆品種の育成と品質制御技術の開発

課題名 気候区分に対応した安定多収・良品質大豆品種の育成と品質制御技術の開発
課題番号 2011017511
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
研究分担 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,作物研,畑作物
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,水田作
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,作物開発・利用
協力分担関係 農業生物資源研究所・ダイズゲノム育種ユニット
長野県野菜花き試験場
道総研)中央農業試験場
十勝農業試験場
研究期間 2011-2015
年度 2011
摘要 DNAマーカーを利用した機械化適性の高い安定多収品種の育成に関しては、a)「サチユタカ」へ難裂莢性を導入した「関東114号」を大規模現地試験の実施に備えて、権利確保のための種苗登録品種候補とした。b)「エンレイ」を晩生化した準同質遺伝子系統は、「エンレイ」の栽培適地以南であっても品質が同等で収量性が優れることを示し、開花期遺伝子の改変による適地拡大が可能であることを明らかにした。c)ラッカセイわい化ウイルス(PSV)抵抗性(Rpsv1)については、育種で利用可能な近傍マーカーを開発した。 省力超多収系統の育成については、a)密植適応性の多収有望系統「九州161号」等をさらに改良するための交配、世代促進を行った。また、変異の拡大を図るため、無限伸育型の「UA4910」等の海外遺伝資源や近縁野性種であるツルマメと、「作系98号」等の育成系統との交配を行った。b)「おおすず」×「Athow」の組換え自殖系統(RILs)の収量試験等の結果から、新たな無限伸育型系統として「刈系875~881号」を選抜した。c) 収量関連形質のマーカー開発では、4粒莢率(1つの莢に4粒の子実を含む莢の割合)に関する3つのQTL、3粒莢率に関する1つのQTLを見出し、また多粒莢形質導入のために「ユキホマレ」及び「ユキシズカ」と「India(IC24527)」の交配を行った。 加工適性に関しては、蒸煮ダイズの硬さ、カルシウム含量等のQTL解析を行い、硬さに関する2つのQTLを見出し、寄与の小さい方のQTLはカルシウム含量のQTLと一致することを明らかにした。 既存の黒ダイズより多収で、やや粒が小さく、新規用途が見込まれるリポキシゲナーゼ欠失黒ダイズの新品種候補系統(限定普及)「九州164号」を開発した。
カテゴリ 育種 遺伝資源 加工適性 機械化 新品種 水田 大豆 DNAマーカー 抵抗性 品種 らっかせい 輪作 わい化

こんにちは!お手伝いします。

メッセージを送信する

こんにちは!お手伝いします。

リサちゃんに問い合わせる